女性のニーズを掴め!女性戦略プロフェッショナル HERSTORY(ハー・ストーリィ)

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

HERSTORY とは

女性客マーケティング


株式会社HERSTORY
代表取締役 日野佳恵子

HERSTORYは、女性客マーケティングのパイオニアです。

わたしたちは1990年の創業以来、独自手法「クチコミュニティ・マーケティング」を実践しています。
これは、企業や商品に共感する女性ファンを作り、「サポーター」としてマーケティング活動にに巻き込むものです。
女性は、共感→共創→共育→共働→共生という特有のステップでクチコミアンバサダーとなります。
「女性に売る」のではなく「女性が買いたくなる×育てたくなる×クチコミしたくなる」仕組みです。

さらに、クチコミュニティ・マーケティングに加えて
(年)2008年からweb上に男女購買行動診断を設置し、現在5万人を超える男女の購買行動を定点的に追っています。
(月)ニュースや30冊以上の女性雑誌からトレンド情報を収集し、多角的な情報から女性視点マーケティングを研究しています。
(日)女性消費者心理、女性消費者ニーズ、女性トレンド、webアンケートなど定量調査、グループインタビューなど定性調査といった多角的なデータを読み取っています。

上記の取り組みから、男女の違いを認識し、女性客マーケティングを導き出しています。
女性客マーケティングは、現在、2000社以上の企業のペルソナ・インサイト分析・商品開発・プロモーションなどのマーケティング分野に活用されています。

現在もコンサルタントやマーケティングの専門家、企業のトップ層の多くは男性です。
マーケティング=男性購買行動特性=すべての消費者とみなされてきました。
しかし消費者は男女半々です。さらに近年女性の活躍は目覚ましく、夫婦間の発言権は同等であり、世帯消費財は女性が決定権の8割をにぎっています。

男女の消費行動の違いは研究により明らかになっています。
たとえば女性のほうがおしゃべりであること(人間関係構築力)、男性のほうが車の運転を得意とすること(空間能力)などが分かっています。
近年は医療の分野でも性差医療(ジェンダー・スペシフィック・メディスン)として薬の効果の違いなどが注目されています。
このように、男女の違いを認識し、女性視点を取り入れることがあたりまえの時代になっています。

「男女の違いを知ることが男女をしあわせにする社会につながる」
わたしたちは女性視点から開発した商品、サービス、店舗が増えることは、誰もが住みやすい社会、子どもを産み育てやすい社会、子どもたちが健やかに暮らせる社会の実現につながると考えています。

そのために、わたしたちはこれからも男女のコミュニケーションや消費行動の違い、トレンドの変遷を研究し続け、女性視点・女性客をマーケティングに活かすプロフェッショナルであり続けたいと思います。

女性客マーケティング(クチコミュニティ・マーケテイングTM)が広く社会に普及し、女性消費者、その家族が笑顔になり、顧客満足が高まることを使命としています。
企業のみなさまにとっても、わたしたちが唯一無二の存在になることを目指していきます。

※社名HERSTORY=HISTORYと同義語。男女の購買行動の歴史を追い続けます。

株式会社HERSTORY 代表取締役 日野佳恵子

ご相談はこちら

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

お問い合わせはこちら