女性のニーズを掴め!女性戦略プロフェッショナル HERSTORY(ハー・ストーリィ)

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

女性のあした研究所

女性の不安「私が病気に、そのとき家族は!?」

健康、美容、ダイエット | 2016年8月1日

%e5%85%a5%e9%99%a23突然ですが、女性の皆さんに質問です。

もし、あなたが病気で入院することになったら、どうしますか?
入院中の家事や育児は誰に頼みますか? 医療費や生活費の備えは大丈夫ですか?

この日、大人女子座談会に参加してくれたのは、入院経験のある30〜70代の主婦6人。入院中に使ったサービスや不安に思ったことなど体験談を伺いました。

【大人座談会参加者プロフィール】

Aさん 39歳、専業主婦。5年前に手術し4日間入院。入院中は家事代行サービスを利用。入院・医療費は保険でカバー。

Bさん 43歳、専業主婦。結婚後、病気や事故で4回の入院経験あり(手術は2回)。夫と娘(高1)の3人家族。保険加入者。

Cさん 44歳、専業主婦。夫と子ども(高1、小6、2歳)の5人家族。第3子妊娠中に中毒症で入院。保険加入者。

Dさん 48歳、アクセサリーデザイナー。19歳、31歳、44歳の時に3週間〜2カ月間の入院経験あり(手術は2回)。入院・医療費は保険でカバー。

Eさん 62歳、パート勤務。子どもはすでに独立し、現在は夫と2人暮らし。10年前、海外旅行から帰国後に1カ月間入院。保険加入者。

Fさん 72歳、専業主婦。夫と2人暮らし。22歳の時に大腸がんを発症して以降、5回の入院経験あり(手術は4回)。保険加入者。

座談会実施日:2015年7月

座談会01

写真はイメージです

| 保険は頼りになるけど、差額ベッド代は負担大

まずは「保険」。全員が「使ったし、入っていて良かった」そうで、「経済的な心配をせずに、治療に専念できました」と保険のメリットを実感。ただ、入院給付金でカバーしきれない個室の差額ベッド代を負担に感じた人もいるようです。

Dさん とにかく加入していた保険が役に立って、入院や手術にかかった費用は保険でカバーできました。経済的な心配がなくなると安心して治療に専念できますよね。

Bさん 私はこれまでに4回入院して、今でも通院しているのですが、つくづく「保険に入っていて良かった」と思います。

Fさん でも、入院って治療費より部屋代の方が掛かりますよね。以前、救急車で病院に運ばれた時、「1泊◯万円の個室なら空いている」と言われたことがあって……。保険でカバーしきれない部屋代の負担が一番大変でした。

Bさん 確かに、個室に入りたくても、お金のことを考えると悩んでしまいますよね。大部屋だと痛くて声を出したくても我慢しなくちゃいけないし、「早く家に帰りたい」と思っちゃいます。

 

| 家事を夫に任せるのは不安だらけ。入院中のストレスに?

6人中「安心して夫に家事を任すことができた」と答えたのは1人だけ。ほかの5人は、子どもの栄養や家計を考えずに外食や宅配サービスで済ませたり、高価な食材を購入したりするご主人の無頓着ぶりに不安を隠せない様子でした。

Aさん 4日間の入院でしたが、家事代行サービスを利用。近くに住んでいる母も手伝いに来てくれたので、特に困ることはありませんでした。

Bさん 夫と娘は毎日外食したり、宅配ピザを頼んだりしていたようです。おかげで、娘は病院へ来るたびに太ってくるし、「どれだけ食べてるの? 」と娘の体と食費が心配になりました。

Cさん 家事は自営業の夫がやってくれることになってました。ただ、子どもには「お弁当くらい自分で作るように」と言って、冷凍食品まで買っておいたのに無駄でした。夫が高い食材を使った豪華なお弁当を毎日用意していたようで、子どもから「お父さんが作ってくれたお弁当の方がおいしい」と言われた時は、ちょっぴりショックでした(笑)。

Dさん 子どもが小さかったので、区で行っている家事代行や送迎、自宅保育などのサービスは助かりました。食事や買い物も宅配サービスやネットスーパーを利用して乗り切りました。

Eさん 夫は持病があるので、毎日欠かさず私が減塩食を作っています。ですから、私が入院したときはとても困りました。

Fさん これまで5回入院していますが、私が入院するたびに夫は料理や掃除、洗濯の腕を上げたようです。4回目に入院した時は、それまでアイロンなど使ったこともない夫が、私のパジャマや腹帯までアイロン掛けしてくれて、とても驚きました。

 

入院前のゴミがそのまま。分別・回収サービスが欲しい

子どもが多い家庭ではゴミも多く、「入院前に片づけをお願いしていたゴミがそのまま残っていた」人も。料理や買い物が苦手な人をサポートするサービスを望む意見も出ましたも。

Bさん 退院したら、入院前のゴミがそのままになっていました。夫や子どもには入院する前にゴミの回収日も分別の仕方も教えておいたのに、やっぱり無理。ゴミは曜日も決まっているので1回逃すと大変なことに……。退院して休む間もなく、ベランダに忘れ去られていたゴミを分別して、何往復もして捨てました。ゴミを分別・回収してくれるサービスがあるといいなと思いました。

Eさん 夫は宅配料理など頼んだこともないし、自分でご飯を作ったこともありません。そういう家族をサポートしてくれるサービスがあるといいのですが……。それから入院中、パジャマが足りなくなったので、夫に頼んで買いに行ってもらったのですが、一人で恥ずかしかったようなので、買い物同伴などもあるとありがたいですね。

ジャンル

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

お問い合わせはこちら