女性のニーズを掴め!女性戦略プロフェッショナル HERSTORY(ハー・ストーリィ)

03-5775-1581
メールでのお問い合わせはこちら

女性のあした研究所

公開座談会報告 職場環境に左右される働き方改革の良し悪し

HERSTORY REVIEW公開記事 | 2018年8月10日

2018年8月の座談会は「働き方改革」についてお考えを聞きました。

<参加者>

Aさん 東京都 30代 専業主婦(復職を断念)、夫、息子(中1)、娘(小6)

Bさん 東京都 40代 パートタイム勤務、一人暮らし

Cさん 神奈川県 40代 パートタイム勤務、夫、息子(小3)、娘(幼稚園)

Dさん 神奈川県 40代 SOHO、夫、娘(大学生19歳)、息子(高1)

Eさん 東京都 50代 フルタイム勤務、母、妹

 

 

 

 

 

 

 

■産休、育休取得するもその後の復帰が困難

(Aさん)1人目の産休、育児休暇取得後、時短勤務で復帰してすぐに二人目を妊娠し、再度産休、育児休暇をとりました。下の子が保育園に入れなかったので復職することができず、仕方なく退職しました。

(Cさん)子どもが生まれた時に上司が子育て中の女性だったので、子育ての制度についての相談もしやすく、制度なども教えてもらえました。時短勤務も利用しました。教育関連の会社だったので、上司の勧めで添削をしている部門での在宅勤務もしました。納品の際に子連れで出社できたのもリフレッシュになったし、「子育てしながら仕事もできている」という自信にもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

(Eさん)職場で営業の女性は妊娠すると退職してしまいます。産休や育児休暇の制度を作ろうと当時の経営者に話をしたことがありましたが「女が得するだけじゃないか」と言われました。社長が代替わりして二代目のイクメン社長になってからようやく制度はできましたが、制度を利用する人はあまりいません。

(Dさん)先月まで派遣で仕事をしていました。家の近くで子どものいる主婦ばかりのチームでの仕事でした。急に子どもが病気になったときなどお互いに時間の調整をして補えたのでとても働きやすかったです。プロジェクトが終わってしまって仕事が終了したのが残念です。

 

 

 

 

 

 

 

(座談会について詳細はHERSTORY REVIEWをご参照ください。)

 

【アンケート】「働き方」についてのアンケート調査

対象:全国 女性・100名・20代~60代、 調査期間 2018年8月3日~8月7日

女性たちに働き方について意見を聞きました。

Q1  あなたのお仕事についてお答えください?(単一回答)

回答者の約30%がフルタイム勤務でした。回答者の約7割が仕事をしています。

Q2 仕事にかかわる制度のうちあなたが利用したことがあるものをお答えください(複数回答)

「あてはまるものはない」回答者が63名。全体の約6割でした。回答者の26%(26名)が専業主婦であり、専業主婦の数以上に「あてはまるものはない」と回答した人が多いため、制度の利用が浸透していないことが考えられます。産休、時短勤務の利用者は13名でした。配偶者が産休、育児休暇を利用した人はそれぞれ1名でした。

Q3 仕事にかかわる制度のうち、これから利用したいと思うものをお答えください。(複数回答)

今後利用したい制度として一番多かったのは在宅勤務。40名が利用したいと回答しています。次いで時短勤務、フレックスタイムと、勤務時間にかかわる制度が続きます。

Q4 現在の「働き方改革」の動きについてお答えください。(単一回答)(単位 人)

「働き方改革」はよいことだと思いますか?

「働き方改革」で言われていることは現実的だと思いますか?

 

働き方改革は「良いことだと思う」回答者が約半数でした。しかし働き方改革で言われていることが「現実的だと思う」と回答した人は26%。働き方改革の実施については支持されていますが、内容は現実に即していないと考えている人が多いようです。

(調査詳細はHERSTORY REVIEW本誌をご参照ください。)

ジャンル

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

お問い合わせはこちら