女性のニーズを掴め!女性戦略プロフェッショナル HERSTORY(ハー・ストーリィ)

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

女性のあした研究所

公開座談会報告 テーマ 健康「冬の感染症」

女性トレンド | 2017年3月20日

今回の座談会テーマは「冬の感染症」。寒さが本格的になり空気が乾燥する時期。
インフルエンザや胃腸炎の流行が聞かれる中、30代・40代・50代の女性4人に、冬の感染症の予防と対策について話を聞きました。

(座談会実施日 2016年12月)

<参加者>

Aさん/ 39歳、独身

Bさん/ 40歳、夫・子ども(小学5年)

Cさん/ 41歳、夫・子ども(小学3年)

Dさん/ 52歳、夫・子ども(大学生)

感染力が強い胃腸炎に警戒。嘔吐物に「洗濯が追いつかない」

(写真はイメージです)

(Cさん) 子どもの学校の教室で一人が嘔吐したら、あっという間に胃腸炎が広がって学級閉鎖に。感染力の強さがとても怖いです。
(Aさん)感染症が流行する季節は特に道路の嘔吐物が気になり、乾燥して菌が舞うと思うと恐怖を感じます。
(Bさん)胃腸炎は嘔吐物の処理、掃除が困ります。洗濯に追われるし、冬場だと乾くのが遅い。洗濯できないマットレスは、シーツとの間にレジャーシートを敷いて、嘔吐物がかかってもシーツだけを捨てられるようにしています。
(Dさん)胃腸炎は効く薬がないので本当に怖い。胃腸炎の時や病院に行った後の洗濯洗剤は、消臭ができる「アタック消臭ストロング」(*1)を使っています。独特の匂いも取れ大活躍。

定番の「イソジン」、新商品の「食べるマスク」などで子どもを守る

(写真はイメージです)

(Dさん)一にも二にも手洗い・うがいが大事。家に帰ったら洗面所に直行、うがいには殺菌、消毒ができる「イソジン」(*2)を使っています。
(Cさん)子ども用にキレイキレイの味付きのうがい薬(*3)を使っています。ピーチ味やアップル味があり嫌がらず、うがいをしてくれます。
(Bさん)話題のたべるマスク(*4)をスーパーで見かけたので、即買いしました。ヨーグルト風味で食べやすく、お値段も手頃(約20錠200円)のど飴代わりに食べています。

■身体に関わることはクチコミ+専門家の情報を重視
(Dさん)厚生労働省のホームページ(*5)で最新の流行情報をチェックしています。情報の信頼性が高く、流行の型や地域情報も分かるのが良いです。SNSのまとめサイトは記事や意見が多すぎて判断に困るのであてにしません。

(Aさん)テレビはドクターが出演している番組を選んで見ています。ドクターの発言は信頼性が高いです。

*1 アタック消臭ストロング

http://www.kao.com/jp/attack/atk_deodorant_00.html

*2 イソジン http://www.isodine.jp/shop

*3 キレイキレイうがい薬 http://www.lion.co.jp/ja/products/308

*4 たべるマスク https://www.morinaga.co.jp/taberu-mask/

*5 厚生労働省ホームページ 感染症情報

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html

<HERSTORY’s EYE>

冬の感染症は対策をしても追いつかないのが現状。中でも嘔吐物の処理や洗濯は全員が困っており、除菌・消臭が徹底できる商品はニーズが高く、クチコミでの拡大が予想されます。
また情報収集の精度にもこだわっており、公的機関&専門家の発言を重視、まとめサイトは否定的です。「裏付け」(専門家、データ等)があって初めてユーザーは信頼し、購入するようです。

ジャンル

女性ニーズのことなら何でもお問い合わせください。03-5775-1581

お問い合わせはこちら