物流業界のトップランナーとして国内外のお客様をサポート。 「モノが売れない」時代の到来に、独自目線を持つ女性リーダーを増やして新規開拓を目指す。

佐川急便株式会社をはじめとした事業会社で構成される総合物流企業グループ、SGホールディングスグループの一員で、先進的なロジスティクスを提供している佐川グローバルロジスティクス株式会社様。ハー・ストーリィでは、社内公募した上位職を目指す女性社員向けのリーダー研修などを通して、広い視野と知見、意欲を持ってリーダーシップを発揮できる人材を育成するお手伝いをしています。社会の流れを受けて大きな変化が見込まれる物流業界において、女性社員が持てる力を発揮することで開拓を目指す将来的な展望などについて森下琴康社長に伺いました。

佐川グローバルロジスティクス株式会社
代表取締役社長
森下 琴康 氏

<プロフィール>
1988年4月 東京佐川急便㈱ 入社
2006年3月 佐川急便㈱ 鴨川店 店長
2010年6月 佐川急便㈱ 甲信越支店 支店長
2012年9月 SGホールディングス株式会社 グループマネジャー
2014年6月 佐川急便㈱ 執行役員 営業担当 本社営業部長 兼務
2016年3月 佐川グローバルロジスティクス㈱ 取締役
2016年9月 佐川グローバルロジスティクス㈱ 代表取締役社長(現在に至る)

俯瞰する目を持ち、思考する女性社員を増やす

日野:
森下社長とは4年ほど前からお話させていただく機会があり、2019年12月から上位職を目指す女性社員向けのリーダー研修をさせていただいています。なぜ今、弊社の研修が必要でしたか。
社員教育には力を入れなければいけないと常々思っています。目指す人材である「自分で考え、自分で動ける人」をたくさん育てたいと考え、日野社長にお願いしました。弊社はサードパーティー・ロジスティクス(以下、3PL)といって、メーカーの物流を一元管理する第三者企業として荷主様に物流改革を提案し、商品の保管などを含め包括して物流業務を受託、遂行しています。全国各地に、1階にトラックターミナル、上層階に倉庫及び作業スペースを配置したデリバリーとロジスティクスが有機的に結合した物流センターがあります。倉庫と作業スペースを佐川急便に直結することで、お客様の入荷や出荷、流通加工業務をワンストップで効率化しています。

従業員の方の男女比はどのくらいですか。

パート社員を含め従業員全体の7割が女性です。その多くは、倉庫で同じ作業を繰り返すことに慣れていて、自分で気がついて何かをやるという経験が少なく、臨機応変な対応が求められる場面もほとんどありません。ルーチンをきっちりこなすことには長けていますが、例えば生産性を高める方法を考えるなど、チャレンジする気持ちを持ってほしいと思っています。
日野:
倉庫での仕事においても、全体を俯瞰する目を持つとか、当たり前に繰り返していることに疑問を持つなど、「思考する人」が増えてほしいということですね。これまで、意欲を伸ばすような研修事業は行われていますか。
はい。リーダー育成や新入社員向けの研修事業を何社かにお願いしましたが、望んだほどの成果はありませんでした。圧倒的に足りないと思ったのは、インストラクター自身の実業の経験値です。自分で何かを企画し、責任ある立場でリーダーシップを取って人や事業を動かした経験がない方たちだったので、教育プログラムは良くできていて理論はあっても、こちらが納得できる経験談を聞くことはできませんでした。それに対して、日野さんご自身がものすごくたくさんの経験を持っていらして、私自身がいつも多くのことを教えてもらっています。それも納得できることばかりなので、私が大事にしている部下は、私が尊敬できる人に教えてほしいと思い、日野さんのプログラムを選びました。

「モノを買わない」流れを受け、成長する海外への進出を検討

日野:
ありがとうございます。物流業界は人口減少や高齢化、環境問題など社会的要因の影響も受けるかと思います。最近の業界の動きや変化を、どう感じていらっしゃいますか。
日本全体が、モノを買わない方向に進んでいます。自動車や自転車を買う人が減り、ファッション業界もシェアリングにシフトしつつあります。こうなると、我々3PLの業界にも影響が出てきます。私たちのお客様であるアパレル、化粧品やコスメ、医療関連、電子部品・精密機器などを製造・販売する企業の方々は、売り上げが減っているとおっしゃいます。僕自身は所有欲があるので欲しいモノは買いますが、社会的には「モノは所有しなくても必要な時に使えればいい」という方向に価値観が変化しています。この点に、お客様も我々も強い危機感を持っていて、国内でも新しいサービスの展開を模索しています。そのためにも、未来を創造し、行動につなげられる人材を育てることが急務で、女性社員たちにはその力があると思っています。
日野:
なるほど。これからの戦力として女性社員の方に期待しているということですね。国内市場が縮小する見通しであれば、海外展開をさらに進める方針でしょうか。
これからは消費が伸びる国に進出していきたいですね。例えば中国のような人口が多い国は10代など若年人口も多く、生活水準が上がる流れにあるのでマーケットにチャンスがあります。日本の10倍の人口がいるのに対し3PL分野で動く金額は日本と同等なので、今後まだまだ伸びると思います。そのような国で事業を拡大していきたいですし、日本で学んだことや蓄積したノウハウは海外でも生きると思います。今の若い社員には中国、ベトナム、インドなどの海外でも働いてほしいです。

自ら判断することでビジネスを進める

これから御社に入る若い社員の方も、海外赴任や海外リサーチで出張する可能性はありますか。

はい。僕はあと5年くらいで現職が終わりそうですけど(笑)、とりあえず海外進出のレールは引きたいですね。
日野:
5年あれば、人材は十分育ちます。22歳が27歳になりますから。
海外で仕事をする時、自分で考え、判断できることがより大切になります。中国のビジネスマンは判断が早い。でも日本人に判断を求めると、「本社に聞いてみる」と待たされ、揚げ句にペンディングされることがあります。これも日本の文化ではありますが、世界に出ていく時はこうした対応も変えていかなければいけません。日本式の生産管理や倉庫業務に関するノウハウは役に立つと思います。でも海外進出する時は、日本人だけで出向いて商売を展開するのはかなり難しいし、できたとしても日系人相手の仕事しか取れません。ですから現地に浸透するためにもマネジメントもセールスも現地の人にお願いし、ベトナムに行ったらベトナム人と商売したいと考えています。そんな場面ではきちんと意見を言い、迅速に判断できる人材が求められます。

リーダーシップと巻き込む力でチーム力アップへ

日野:
そうした現状から、今いる女性社員の方には国内での新ビジネスを創出したり、独自の着眼点や積極性を持って欲しいという気持ちがおありなのですね。御社の女性社員のポテンシャルや女性を取り巻く状況を、どう見ていらっしゃいますか。
何人かには既に一定のポジションを任せていますが、リーダーは圧倒的に少ない状況です。今は女性が持てないほど重いものはほとんどないので、作業面で女性にハンデはありません。かつてあった長時間労働も今はなく、時短も育休も使えて、男性が育休を取ることもあるなど職場環境は整っています。ただ、女性リーダーのロールモデルがいませんでした。運送業が主な業務で男性中心だった時代にできた風潮が、組織が大きくなり、業務内容が変わった今も固定概念になっているのかもしれません。マネジメントの仕方も変わっているのに、これまでのやり方から変われない男性が多いことも要因かと思います。

変われるチャンスはいくらでもある

日野:
なるほど。来年はぜひ、男性向けのマネジメント研修をさせてください(笑)。女性の皆さんに1回目の研修で社会の動きを学んでいただいたところ、次の研修で「世の中を見る目が大きく変わった」という声をいただきました。そんなふうに、情報をインプットするだけで世界が変わるということはあると思います。社長としては彼女たちに女性管理職のロールモデルになってほしいというのが、願いでしょうか。
そうです。ただ、既にリーダーになった女性たちには「周りの人が付いてきてくれない」といった悩みがあります。自分が変化した経験から、同僚や部下にも変化してほしいと思って「こうしてみたら」と経験を伝えて後押ししようとしても、なかなか行動に移さない、付いてきてくれないようです。そういう人達にはどうしたら周りを巻き込めるか考えて欲しいし、まだそういう経験がない人はこれから変われるチャンスはいくらでもあると思ってほしい。女性が力とスキルを身につけることでチーム力がアップすることを願っています。

ハー・ストーリィに期待すること

日野:
4カ月の研修の中では、ロジカルシンキングと課題解決力、リーダーシップとチームマネジメントのスキルについても丁寧に伝えていきます。最終的なゴールのイメージとハー・ストーリィへの期待値をお聞かせください。
女性社員たちには、日野さんのようになってほしい(笑)。いや、本当に。決断力、判断力を養い、「私はこうやってきて良かったよ」と、自身をもって自分の経験を部下に言える人になってほしい。失敗したって、全然構わないんです。弊社の企業理念にも「なかまの失敗を支え、成功を共有し、称賛します」「なかまの挑戦を自分ごとに捉え、決して一人にしません」と掲げています。まずは、挑戦してみてほしい。
日野:
社長と同じように、「失敗しても大したことないですよね」と研修に来ている皆さんがおっしゃっています。社長がその姿勢を会社の文化にされていることは素晴らしいです。仕事の流れだけでなく、自分自身の成功体験と失敗体験を積み重ね、成功した時の喜びをインプットしてもらいたいですね。社内の公募に対して自ら手を挙げた女性たちですから、そういった人材はきっと出てくると思います。ただ、経験の数を増やすには、どうしても時間が必要です。社長がいらっしゃる間の5カ年計画で人を育てるといいと思います。
僕はせっかちなんです(笑)。でも、ある程度は待たなければいけないですね。
日野:
経験することこそが実になるので、今回の研修プログラムで何か生まれたら、ぜひともトライさせてあげてください。考えたことが机上の空論やお絵描きビジネスにならないよう、たとえ一部でもぜひチャンスを与えてほしいです。できれば、プロジェクトメンバーだけでやってみること。失敗も成功も体験するところまで私も一緒にレールを引き、サポートさせていただきます。これからの皆さんの変化と御社の進展を楽しみにしています。本日はどうもありがとうございました。

対談を終えて...

SGホールディングスグループのロジスティクス事業を担う佐川グローバルロジスティクス株式会社の森下琴康社長とはある経営セミナーがご縁で「女性トップリーダー育成プログラム」を導入させていただきました。今や物流はなくてはならない社会インフラです。法人の業種・業態別にロジスティクスソリューションを法人顧客の課題に合わせて提供する強みを持つ佐川グローバルロジスティクス。顧客にはアパレル、化粧品・コスメ、Eコマース等の女性視点が重要な取引先も多く今後の女性トップリーダーたちの活躍に期待が高まります。全国各地から集った女性たちとマーケティング思考と女性視点の融合から新たな事業が創造されることを期待しています。

佐川グローバルロジスティクス株式会社

事業内容 ロジスティクス事業
社員数 6,354名(2019年03月31日現在)

(データは2020年3月時点)

トップインタビュー一覧

佐川グローバルロジスティクス株式会社様

2020-03-11 12:00

物流業界のトップランナーとして国内外のお客様をサポート。 「モノが売れない」時代の到来に、独自目線を持つ女性リーダーを増やして新規開拓を目指す。

株式会社メガネトップ様

2018-12-03 12:00

新卒社員の7割が女性の会社で考える「女性視点」のマーケティング。今の市場を把握し、時代のニーズをつかむ戦略へ。

敷島製パン株式会社様

2018-04-18 12:00

SNS専任部門を設置しファンサイトの会員数急増。お客様の声や社会のニーズをスピーディに掴み、商品開発や販売に活かし続ける。

ぜひお気軽にお問合せください

あなたのビジネスにも女性視点マーケティング®を

サービス紹介資料ダウンロード
サービスに関するお問い合わせ
オンライン相談窓口はこちら