ホーム  >  プレスルーム

プレスルーム

"新着"女性のあした研究所
「女性が選ぶ、未来応援企業ランキング」

報道関係各位
                                   2009年10月吉日
                              株式会社ハー・ストーリィ
                                  代表:日野佳恵子

ニュースリリース               「女性のあした研究所」調べ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ~「女性が選ぶ、未来応援企業ランキング」~
女性が気になる4つのキーワードより共感する企業とその共感ポイントを調査

       総合1位は「ベネッセコーポレーション」に!
        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女性マーケティング&コンサルティングを行う株式会社ハー・ストーリィ
(本社:広島県広島市、代表取締役:日野 佳恵子)は、女性から支持される
企業・サービス作りを支援する活動の一環として、「女性が選ぶ、未来応援
企業ランキング」を公開いたしました。

「より良い明日、より良い未来を応援している」と女性が共感する企業は
どんな企業なのか、【わたし】【こども】【暮らし】【環境】の4つの
カテゴリーで、女性が共感する企業とその共感ポイントを調査しました。

<調査結果>
  ● 総合1位・・・「ベネッセコーポレーション」

  ●【わたし】部門1位・・・「資生堂」
  ●【こども】部門1位・・・「ベネッセコーポレーション」
  ●【暮らし】部門1位・・・「セコム」
  ●【環境】 部門1位・・・「サントリー」


■ハー・ストーリィ 「女性のあした研究所」の見解
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「わたし応援企業」は女性の"あり方"へのアプローチ、「こども応援企業」
は子供目線への深い理解、「暮らし応援企業」は時代のニーズへの対応力、
「環境支援企業」は女性の目に留まる情報発信が、女性の共感を得るための
キーワードです。

挙げられた企業の数は「わたし応援企業」が最多です(300社、他は166/221
/271社)。1票のみの企業の割合も、「わたし応援企業」は7割、
他は5~6割となり、「私だけのお気に入り企業」が多数みられる状態です。
有名企業や人気企業でなくとも「私に合う」と思えば熱心に支持する傾向に
あるようです。

●調査結果
http://www.herstory.co.jp/press/research/200908/4kigyo.html

■背景
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハー・ストーリィは、2007~08年に、「女性が"企業の社会的責任"の観点
から見た気になる企業」のアンケート調査・グループインタビューを実施。

この調査より、
1)女性は「生活者」「暮らし」目線で企業や社会を見ていること
2)「地球」「次世代(こども)」「環境」といったキーワードで企業を支持する、
  "いのちをリレーする女性"の視点
3)「女性が女性として輝くことで、家族や周囲も幸せにする」

という生き方への支持が浮かび上がりました。

これを基に、マーケティングを行うべき課題を女性と企業のコミュニケーション・
相互学習とし、そのエレメントを【わたし(自己実現)】【こども(育児・教育)】
【暮らし(日々の生活)】【環境(地球環境への配慮)】と整理しました。

■詳細 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●【わたし】:女性の自分磨き・自己実現の応援企業企業トップ3は
      「資生堂」「ベネッセコーポレーション」「DHC」

 主な共感理由には、「見た目だけでない"女性の美"を探究をしている」(20代後半)
 など、女性の気持ちに寄り添う企業姿勢が挙げられています。
 共感ポイントとして最も多いのは「社会進出」関連です。「女性社員が多い」
 「仕事と育児の両立支援がある」「女性が活躍している」など、働く女性を
 支える企業が一番の女性応援企業と見なされています。
 子供がいても仕事で輝く。いつもキレイな私でいる。女性が意識するのは自分
 の「すること」より自分の「あり方」であるようです。

●【こども】:子供の知恵・チカラを育む企業トップ3は
      「ベネッセコーポレーション」「学習研究社」「日本公文教育研究会」

 「ベネッセコーポレーション」は49.5%もの票を得て1位です。
 こどもちゃれんじや進研ゼミの認知の高さに加え、たまひよ・ウィメンズパーク
 で母親支援にも積極的であることが支持を集めました。子供をもつ女性に
 限定すると得票は56.9%にのぼり、「利用している」との声も目立ちます。
 CMのイメージばかりでなく、中身が評価されての堂々の1位です。
 子供を夢中にさせるものに、母親は驚き感心し強い感銘を
 受けていると同時に、子供の自発性が育つことに高い意義を見出しています。
 子供の心を巧みにつかみ、子供目線への深い理解がうかがえる企業が母親の
 共感する企業といえます。

●【暮らし】:暮らしの楽しさ・安心安全を提供する企業トップ3は
       「セコム」「生協」「イオン」

 ランキング上位には「安心安全」で真っ先に連想された防犯サービス業、
 生活密着度の高い総合小売業、暮らしに不可欠なライフライン企業が並び
 ました。
 その他の細かなキーワードからは、「ベネフィット提供」(楽しさ・安さ・
 便利さ)、「提案力」(新商品開発・情報発信)、「生活密着」(身近・
 必要不可欠)、「優しさ」(エコ・社会貢献・低刺激)という切り口が
 みえてきます。この全部にまたがるのが「PB商品」です。
 不況下に安くて良いものを提供する。食品不信が続くなか情報開示を徹底
 する。こうした時代のニーズへの明敏な対応が重要です。 

●【環境】:環境保護への熱意を感じる企業トップ3は
     「サントリーグループ」「トヨタ自動車」「イオン/イオンリテール」

 評価ポイントの上位には「エコカー開発」「植樹・植林」「水環境の保全」が
 並びますが、エコカー開発は8割がトヨタ票、植樹・植林は7割がイオン票、
 水環境保全は8割がサントリー票です。「トヨタのエコカー」はプリウス好調
 のニュース、「イオンの植樹」は店頭ポスター、「サントリーの水環境保全」
 はクイズキャンペーンが認知を広げる役目を果たしています。
 環境の取り組みを印象づけるには、広報が女性の日常にいかに入り込むかが
 勝負です。

●【4カテゴリ総合】:総得票数1位は「ベネッセコーポレーション」。
           総合力は「パナソニック」に軍配

 4カテゴリを総合すると、こども分野の大量得票が寄与して
 「ベネッセコーポレーション」が1位です。
 総合ランキングの上位企業は得票カテゴリの偏りが大きい中、
 「パナソニック」は4カテゴリとも10票以上獲得しており、総合力(バランス
 良さ)ではトップといえます。


【調査結果】
 女性が選ぶ、未来応援企業ランキング
 http://www.herstory.co.jp/press/research/200908/4kigyo.html

 調査開始日:2009年8月 回答者数:1980名(既婚女性)

■参照
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【過去調査結果】
・今ドキ主婦のお財布事情
 http://www.herstory.co.jp/press/research/200907/budget.html
・女性の購買決定権<2008>
 http://www.herstory.co.jp/press/research/200811/decision_maker.html
◎その他の結果はこちら
 http://www.herstory.co.jp/corp/w-research/index.html

■ 株式会社ハー・ストーリィについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
男女の購買行動の違いに着目し、女性特有の行動パターンに合わせた
女性マーケティング「クチコミュニティ・マーケティング(登録商標)」を
展開する世界唯一のマーケティング会社。中でも、既婚者・主婦に特化し、
女性マーケティングのパイオニア企業として知られている。
全国30万人の女性ネットワークにリーチ可能で、リアルタイムに女性の
意見、能力を活用。

・男女の買物脳診断 結果
 http://www.herstory.co.jp/w-research/shindan.cgi?mode=view
・あなたの買物脳度をチェック!
 http://www.herstory.co.jp/w-research/shindan.cgi

■ 本リリースに関する報道関係の問い合わせ先
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 株式会社ハー・ストーリィ 東京支社
 広報宣伝担当 山口
 電話:               03-5793-5632        (対応時間: 平日9:30~18:30)
 FAX :               03-5793-5633       
 E-mail: pr@herstory.co.jp

■ ハー・ストーリィ 会社概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
会社名  株式会社ハー・ストーリィ [ http://www.herstory.co.jp/ ]
所在地  本社/広島市西区草津新町2-15-17
     電話:               082-501-0456        / FAX:082-501-0457
     東京支社/ 東京都渋谷区広尾5-19-7 協和ビル4F
     電話:               03-5793-5632        / FAX:03-5793-5633
代表   代表取締役  日野佳恵子
設立   1990年8月20日
資本金  79.6百万円(2008年1月末現在)
事業内容 女性マーケティング&コンサルティング

=========================================================
■過去のリリース参照はこちらから
http://www.herstory.co.jp/corp/news/newsreleas/

主婦目線のマーケティングについてのご相談はこちらから

詳しい実績が知りたい・サービス説明をしてほしいなど、御社に合わせた最適なソリューションをご提案いたします。まずはお気軽ご連絡ください。

お問い合わせ:03-5775-1581フォームでのお問い合わせはこちら