catch-img

体調に合わせたスープやスムージーが届く定額制パーソナルフード「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」

生活習慣病などの予防として、厚生労働省が推奨しているのが「野菜類を1日350g以上取ること」。わかってはいても、忙しい現代人にとって野菜をバランスよく食べるのは至難の業だ。そんななか手軽に栄養が取れると評判のサービスがある。その名も「GREEN SPOON」だ。

※毎月8個プラン:7200円(税抜)+送料でパーソナルスープ、スムージーが届く定期プラン。季節商品を含め40種類以上から選べる


女性視点ポイント

  1. 「パーソナル診断」によってあなただけの野菜とフルーツが毎月自宅に届く

  2. ワクワクする明るいパッケージで「たのしい食」を演出する

  3. 自分たちが欲しいと思える商品のみを作る


▼本記事に関連する女性消費者動向レポート

  私仕様が欲しい!パーソナライズ消費|HESTORY REVIEW vol.46(2021年05月号) 2021年05月の女性消費者キーワードは「私仕様が欲しい!パーソナライズ消費」。情報過多、選択のストレス、コロナを経て効率的にベストな買い物をしたい、という潜在的なニーズが強まってきています。新世代の攻略はパーソナライズがカギとなります。 株式会社ハー・ストーリィ

目次[非表示]

  1. 1.自分のカラダに必要な食材が届く
  2. 2.「たのしい」を食で表現する
  3. 3.栄養士と二人三脚で作り出す「パーソナル」メニュー


自分のカラダに必要な食材が届く


GREEN SPOON」は、スープもしくはスムージーを毎月自宅に届けてくれる定額制パーソナルフードだ。株式会社Greenspoonが2019年に立ち上げ、現在30~40代の女性を中心に利用者数を伸ばしている。

「GREEN SPOON」がユニークなのは、なんといっても自分のカラダに合わせた野菜やフルーツが届くことだ。利用希望者は事前に、同社の公式サイトにて「パーソナル診断」を受ける。「積極的に取りたい栄養素は?」「野菜は週にどれぐらい食べていますか?」「いつ頃から野菜不足になっていますか?」などいくつかの質問に答えていくと、「あなたにおすすめの野菜と果物」として、イチオシのメニューが表示される仕組みだ。

そもそもこのような「パーソナル」に注目したきっかけは、一体何だったのだろうか?「健康に気遣おうと思っても、寝不足やダイエットなど抱える課題は人それぞれです。それに対し『何を食べればいいのかわからない』と悩む方が多いように思います。自身の健康状態やなりたい体を見据え、生活の課題を解決する手段として、野菜とフルーツを個別に提案できないかと考えました。そこで、『パーソナライズ』というコンセプトに注目したんです」と振り返るのは、社長室・商品開発を担当する具嶋友紀さんだ。

現在同サービスが提供するのは、スープとスムージーの2種類だ。暖かい日にはスムージー、寒い日にはスープと、季節や気候、気温などによって商品へのニーズは大きく変動する。利用者層は女性が多く、なかでも独身女性からの人気が高い。手軽に調理できる点が重宝され、他にも、ビジネスパーソンやファミリー世帯などに喜ばれているという。

ゴロゴロ食材の入ったスープ。水を加えて5分レンジアップするだけという手軽さが人気。食べ応えがあり、腹持ちも良い

「たのしい」を食で表現する

一人ひとりの健康を大切にしたいと願う「GREEN SPOON」は、食材の安全性にも気を配る。商品には、人工甘味料、保存料、合成着色料、香料、化学調味料、トランス脂肪酸などの添加物は一切使用せず、おいしく食べてもらうために、すべての素材を瞬間冷凍して配送している。

利用客は、届いた商品に水や牛乳、豆乳などを加えて、スムージーの場合はミキサーで調理し、スープの場合は電子レンジで温めて完成。予想以上の手軽さで、本格的な一品を楽しむことができるのがうれしい。

水のほか、牛乳や豆乳を加えてもOK。スープのアレンジが広がる

メニューにはスープが16種類、スムージーが26種類(2021年3~4月の時点)の豊富なラインナップがそろう。普段なかなか口にする機会のない、珍しい野菜や果物もありワクワクしてしまう。「一つの商品でたくさんの食材を摂取できるよう、スムージーなら7~9種類、スープなら8~16種類の食材を使用しています。安心安全だと確信を持てる野菜やフルーツのみを原材料として選んでいます」と具嶋さんが語る通り、同サービスでは全メニューを製造するのに、なんと200種類以上の野菜や果物、スーパーフードなどを費やしているという。

特に目を引くのは、同サービスが「たのしい食のセルフケア文化を創る」という明確な目標を掲げていることだ。「サービスを継続して利用してもらうためには、『たのしい』という要素が大事だと考えています。そのため、デザインやネーミング、箱を開けた瞬間など、『GREEN SPOON』に触れる瞬間を少しでも『たのしい』と思ってもらえるよう、工夫を散りばめています」(具嶋さん)。

その「たのしい」がもっともよく表れているのが、商品パッケージだ。おしゃれながらも親しみやすいイラストが描かれており、その下に各メニューのコンセプトが一行で記されている。鱈と白菜キムチの海鮮チゲなら「She is hot.」、鮭ときのこのアーモンドミルクポタージュなら「Yuyake」など、味わいと見た目にちなんだ名づけが絶妙だ。まるで、外国のアイスクリームを見ているかのような明るくハイセンスなパッケージは、食べる前から楽しい気分にさせてくれる。

栄養士と二人三脚で作り出す「パーソナル」メニュー

「GREEN SPOON」の商品は、どれをとっても食欲をそそるような個性派メニューが目立つが、一体どのように考案されているのだろうか?

「全てのレシピは管理栄養士と共に開発を行い、栄養面での設計に気を配りながら考案しています。まず『パーソナル』という点を意識し、『ダイエット』や『睡眠不足』『便秘』など、お客様の多様な生活習慣や体質、シーンをイメージします。それぞれの状況に合わせて最適な野菜をお届けできるよう、40種以上の商品ラインナップを用意しているんです」と具嶋さん。さらに、複数の食材を組み合わせることで、その時々のカラダに必要な栄養素が取れるよう、食べ合わせにも考慮しているという。しかし何よりも重視しているのは、「自分たちが本当に欲しいと思えるかどうか」を基準にして、商品開発に取り組んでいる点だ。会社設立からわずか2年弱にもかかわらず、「GREENSPOON」がさまざまなメディアで広く紹介されているのは、ひとえに商品に対するこのような真摯な姿勢が、高く評価されているからであろう。忙しく過ごす消費者に代わり、彼らのカラダの悩みを引き受け、とっておきの食材で解決を促す。「医食同源」を実現する現代版ツールとして、「パーソナルフード」への期待は今後ますます加速していくだろう。

野菜不足を補うだけでなく、「美容」「飲酒多め」「筋トレサポート」といった気になるワードから選ぶこともできる

(上)赤野菜とグラスフェッドバターのトマトシチュー
(中)鮭ときのこのアーモンドミルクポタージュ
(下)13品目のカリコリ根菜和風スープ


株式会社Greenspoon
社長室・商品開発
具嶋友紀 様

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-12 第一FMGビル3F
■事業内容:定額制パーソナルフード「GREEN SPOON」の企画・製造・販売
■年商:開示なし
■創業:2019年6月

  株式会社Greenspoon 「自分を好きでい続けられる人生を。」をビジョンとするフードテックスタートアップのGreenspoonです。自分のカラダに必要な野菜やフルーツを知り、簡単に、楽しく、健康な食生活をつづけていけるようサポートしていきます。 株式会社Greenspoon
  GREEN SPOON(グリーンスプーン) | 定額制パーソナルフード 日々のカラダや生活に合わせて、あなたに必要な野菜が定期的に自宅に届きます。スムージー、スープ、ホットサラダ。組み合わせも自由に選べる。 GREEN SPOON(グリーンスプーン) | 定額制パーソナルフード



日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

SNS投稿動画が購入のきっかけ約6割! 動画で事前確認は、インスタ55.0%

2021-06-26

コロナ禍を通して実店舗で商品を見定める機会が減った。その代わりに動画やライブ配信で商品詳細を知りたい。 そんな女性たちの思いが見えてきた。

私仕様が欲しい!パーソナライズ消費

2021-05-26

自分の好みや体質に合わせた商品を提案してくれる診断やアンケートの利用を調査。それにより、自分に合った商品・サービスへのニーズと背景が見えてきた。

1910万件のビッグデータから個々の肌ケアを提案 パーソナライズドサービスブランド「APEX(アペックス)」

2021-05-10

「肌には一人ひとり個性があり、『性差』よりも『肌個性』に合ったケアが重要」。大手化粧品会社ポーラのこんな発表が、静かに注目を集めている。約30年前、それぞれの肌質に合わせたケアを実施するために立ち上がった「APEX」。いま男女問わず、この「パーソナライズド」ケアに引かれる消費者が増えている。