catch-img

おいしいチョコレートに潜む、児童労働という悲しい現実

女性視点にはサステナビリティはこれから外せないテーマ。暮らしを通じて地球環境や社会に役立つ自分でありたいと思う女性たちの意識は年々上昇している。そうした視点をビジネスの現場に先行して取り入れている海外事例をよく知る安並氏に、現地レポートからヒントをいただきます。

目次[非表示]

  1. 1.そのチョコレート、どこから来たの?
  2. 2.フェアトレードチョコを選ぶという賢い消費


そのチョコレート、どこから来たの?

今回はチョコレートのお話。皆さんもチョコレートは比較的よく食べると思います。私も身の回りに置いていて、気づくとつい手が伸びてしまいます。食べ過ぎには注意しないと……

さて、皆さんがよく食べるチョコレートはどこからやってきたものかご存じでしょうか? チョコレートがどこで生産されているかではなく、そのチョコレートの主原料である「カカオ」がどこからやってきたか、ということです。カカオは、カカオベルトという赤道の南北緯20度、平均気温27℃、年間降雨量1000ミリ以上という、ごく限られた地域で栽培されます。限定された地域で栽培されるため、本来なら大変貴重な農産物です。西アフリカに位置するコートジボワールやガーナ共和国は、カカオの産地でとても有名ですね。また、カカオの含有量や、ミルクチョコからビターチョコまで、その選択肢は多くあります。

その貴重な農産物カカオを主原料としたチョコレートが、一般的にはとても安価で手軽に食べられるには、それなりの理由があると想像できます。カカオはそのほとんどが、赤道を中心とした発展途上国で栽培され、おもに外資企業によって経営され、そこでは以前から児童労働という現実が問題視されてきました。近隣国から人身売買で連れてこられた子どもが無給、低賃金で働かされる実態が、NPOやNGOの調査で明らかにされ、2000年以降とくに欧米で報道されるようになり、その後児童労働を防ぐための国際カカオイニシアティブの発足につながり、現在ではその防止に向けた活動が進められていますが、この10年、実際は悪化しているという報告があります。私が児童労働を知ったのは、3年前、オランダ大使館で開かれた児童労働に関するイベントで、それまで児童労働という言葉さえ耳にすることはありませんでした。


フェアトレードチョコを選ぶという賢い消費

ここで紹介したいのが、オランダのチョコレートメーカー「Tony’sChocolonely(トニーズ・チョコロンリー)」です。とてもポップでカラフルなパッケージで、板チョコとしては大きめ、ヨーロッパの店頭ではよく見かけます。

ポップでカラフル、楽しいデザイン


包装紙の裏には理念と歴史がかかれる。これがブランド!


私もお土産で大人買いをしました。このチョコは、2002年オランダ人ジャーナリストがカカオ農園の児童奴隷の実態に衝撃を受け、自分自身を児童労働で生産されたチョコを食べたとして提訴をしたり、児童労働のないカカオを使用するよう、チョコレート会社にもちかけるも、カカオ価格が上がることで受け入れられなかったことから、自らフェアトレードのチョコレートメーカーを立ち上げるに至った経緯があります。カカオ以外の材料もほとんどがフェアトレード、オランダでは最もサステナブルなブランドです。

日本でもポップアップショップが開かれる

不ぞろいのチョコは多様性を意味している


今皆さんが普通に消費しているものの川上ではどのような実態があるのか、そこまで思いを寄せて消費のありかたを変えることが、SDGsへの取り組みなのです。チョコレートを食べるときは、ぜひともフェアトレードチョコを!




▼本記事に関連する女性消費者動向レポート

  決め手はSNS投稿動画!オンライン確認消費|HESTORY REVIEW vol.47(2021年06月号) 2021年06月の女性消費者キーワードは「決め手はSNS投稿動画!オンライン確認消費」。コロナ禍生活でSNS動画視聴が当たり前となっている中、オンライン動画やライブコマースで深く商品を知りたいという需要が増加しています。女性たちの購買意欲を高める鍵となりうるか注目です。 株式会社ハー・ストーリィ


安並 潤
安並 潤

井関産業株式会社 代表取締役社長 容器包装資材の販売、セールスプロモーション事業などの展開を行う中で、サステナビリティを経営のベースとし、経営革新とイノベーションに取り組む。北欧スウェーデンを中心に、サステナブルな仕組み、モデル、商品開発、 行政、教育機関、都市計画をベンチマークし、自社の経営に取り入れる。

関連記事

バナナが教えてくれるサステナブルな食の在り方

2021-04-26

自らの健康を考えること、食品の背景に関心をもつことがSDGsへの取り組みの第一歩に。フェアトレード・バナナ

フェムテックが大ブーム!コロナ禍で顕在化した女性の不調とウェルネス

2021-04-26

働く女性の増加、共働きの増加、核家族、個世帯による孤立や不安の増幅。追い打ちをかけてコロナに。 他人との交流も減り、ストレス、うつなど女性の体不調は今、ピークにきている。 女性の体に関わるヘルス、ウェルネス、フェムテック(femtech)などのキーワードは、2021年に突入して、一気に大きくなっている。

コロナ禍で激変したライフスタイルから見えてきた女性たちの「世代別価値観ギャップ」

2021-03-17

女性を取り巻く環境は、大きく変わってきたが、この一年は新型コロナによってさらに拍車がかかった。 2021年から先を見据えたときに、「女性消費者像の再設定」が必要だろう。今回は世代別に調査を行い、女性の価値観に対する意識の差を調べてみた。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!