データバンク

女性視点マーケティング®に関する情報、

調査データやコラムなどを配信

調査分析記事一覧

女性の世代別価値観ギャップ

2021-03-17 12:07

女性を取り巻く環境は、大きく変わってきたが、この一年は新型コロナによってさらに拍車がかかった。 2021年から先を見据えたときに、「女性消費者像の再設定」が必要だろう。今回は世代別に調査を行い、女性の価値観に対する意識の差を調べてみた。

東京オリンピックに関する女性蔑視の発言について調査データ公開!7割が「とても問題だと思う」と回答。

2021-02-12 14:17

先日の森会長による「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」など女性蔑視と取れる発言。東京五輪組織委員会の会長による発言は国内外で波紋が広がっている。 女性蔑視が根強く残る日本の社会問題について、女性のリアルな声を集めた。

92.8%の女性たちが目的別にSNSを使いこなす!5大SNSと呼ばれるLITFY『リトフィ』は生活必需ツール

2021-02-10 10:00

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わったといえるだろう。女性たちにとってLINE、Instagram、Twitter、Facebook、Youtubeの5大SNS『LITFY(リトフィ)』は、すでに生活必需ツールとして浸透している。そんな時代の流れの中、女性消費者たちはどのようにSNSを使い分けているのか調査した。

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08 10:00

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

2020年の冬ギフト調査。あなたは「誰」に「何」を贈りますか?

2020-12-25 10:00

2020年の冬ギフト消費はどうなるか調査を実施した。コロナにより働き方やライフスタイルに大きな変化があったが、2020年の冬ギフト消費は変わらず活発のようだ。

サスティナブルな活動に興味がある人87.4%!ますます高まる女性たちのサステナブル意識消費

2020-12-21 12:00

2020年はコロナ禍の影響により、経済的な打撃からムダを削減する、エコ意識からリサイクルショップを活用するなど、サステナブルな意識や行動が多く見られるようになってきた。女性消費者はサステナブルについてどう思っているのか?20歳以上の女性消費者を対象に、SDGsやサステナブルに関する意識調査を行いました。

2020年の女性消費者ニーズは「防疫消費」「家中充実消費」「応援消費」!コロナ長期化で2021年も需要拡大

2020-12-21 10:00

with コロナの2020年を振り返り、買ってよかった商品・今後買いたい商品などについて、20歳以上の女性消費者を対象にアンケート調査を行った。すると、2020年の女性消費者たちの消費行動は、”防疫消費”や”家中充実消費”、”応援消費”に注目や関心が集まっていることが分かった。

防疫意識は新マナーとして生活に定着!緊急事態宣言後のクラスタ別にみられた生活意識の違いとは?

2020-10-15 12:39

緊急事態宣言後のコロナ生活の変化について全国男女245名にインターネット調査を行いました。調査結果から、クラスタ別に生活意識の違いが見られました。

旅行気分を味わえる『アンテナショップ』に通う女性たちの消費ニーズに注目!

2020-09-10 15:58

新型コロナウイルスの影響で、なかなか旅行に行けない日々が続いている。そんななか、都内にいても地元の味や観光地の味を楽しんだり、行った当時の思い出話をすることで旅行気分を味わえるというアンテナショップに注目が集まっている。

withコロナの秋、予定を入れていない女性シニアが「6割以上」。人とのつながりを大切にする消費に今後注目!

2020-08-28 12:00

秋の消費リーダーである50歳以上の女性シニア層を対象に、秋の予定や過ごし方についてアンケート調査を実施しました。

初めてのWithコロナの夏。自粛ストレス解消や楽しい巣篭りライフ演出に働く女性のニーズあり!

2020-07-29 14:47

働く女性を対象にこれから迎えるコロナの夏がこれまでとどう変わるか、アンケート調査を実施しました。

新型コロナウィルス終息後の暮らしはどう変わる?ライフスタイル別でみる『時間』の活用と『生活』の変化

2020-06-29 09:00

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が生活者にどのような影響を及ぼし ているのかをハー・ストーリィ会員の皆様にご協力いただき調査を実施しまし た。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、ライフスタイルの変化を感じている人は83.1%

2020-05-08 12:00

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が生活者にどのような影響を及ぼしているのかをハー・ストーリィ会員の皆様500人にアンケート調査を実施しました。

女性の購買決定権調査 家庭内の購買において、女性の影響力は89.8%(2019年)

2019-08-01 11:57

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、世帯で購入する49品目について、家庭内の誰の意見で購買決定するかを全国既婚女性500人にアンケート調査を行いました。

両親世帯に占める共働き世帯の割合が、6割超に

2019-03-11 12:00

2017年までの調査から、両親世帯に占める共働きの世帯の割合は、6割超になったことがわかった。

女性の就業率、初の7割。女性労働人口は2962万人に

2018-12-01 12:00

2018年8月に総務省が発表した労働力調査に基づく分析を説明します。

訪日外国人は、「男性」が50.3%、「女性」が49.7%

2018-11-01 12:00

国土交通省観光庁の、2018年1-3月期訪日外国人の消費動向の分析結果を説明します。

夫婦共働き世帯の割合が、最も高いのは福井県(60.0%)

2018-10-01 12:00

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、2017年就業構造基本調査をもとに分析を行いました。

2人以上の世帯1ヶ月あたりの交際用購入は、8,879円

2018-09-01 12:00

統計局の調査によると、二人以上の世帯で交際用に購入した商品やサービスの1か月あたりの交際用購入の推移は減少傾向にある。

育児休業の取得率、女性は83.2%、男性は5.14%

2018-08-01 12:00

2018 年5 月30 日に発表された厚生労働省「2017 年度雇用均等基本調査」によると、育児休業取得者の割合は、女性は83.2%(対前年度比1.4%上昇)、男性は5.14%(対前年度比1.98%上昇)であった。

ぜひお気軽にお問合せください

あなたのビジネスにも女性視点マーケティング®を

サービス紹介資料ダウンロード
サービスに関するお問い合わせ
オンライン相談窓口はこちら