catch-img

好きな家事・嫌いな家事・得意な家事 女性1000人に大調査!

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、「好きな家事」「嫌いな家事」「得意な家事」について、全国の20代~60代の女性生活者1,000人にアンケート調査を実施しました。

目次[非表示]

  1. 1.5人に1人は、好きな家事は『なし』
  2. 2.2人に1人は、「おふろ掃除」、「アイロン掛け」、「トイレ掃除」が嫌い
  3. 3.3人に1人は、得意な家事は『なし』
  4. 4.普段の家事をする上で参考にする・憧れている著名人1位は、松居一代。
  5. 5.調査概要

好きな家事は「買物」、嫌いな家事は「おふろ掃除」。

得意な家事は…?


毎日家事に追われてます。

好き嫌い、それぞれの第1位は以下の通り。


好きな家事『買物』

嫌いな家事『おふろ掃除』

得意な家事は『なし』が40%を占めました。

女性は「買物」でストレスを発散し、嫌いな「風呂掃除」はパートナーにおまかせ?

5人に1人は、好きな家事は『なし』

好きな家事は、買い物(食材・日用品など生活必需品)が47.2%で1位。


好きな家事

2人に1人は、「おふろ掃除」、「アイロン掛け」、「トイレ掃除」が嫌い

  嫌いな家事1位は、おふろ掃除で45.8%。

嫌いな家事

3人に1人は、得意な家事は『なし』

得意な家事1位は、「夕食を作る」で28.2%。


得意な家事

普段の家事をする上で参考にする・憧れている著名人1位は、松居一代。

嫌いな家事の上位を占める「掃除・収納」分野と、得意な家事の上位を占める「料理」分野の著名人に回答が集中しました。

 単なる方法論に興味があるのではなく人柄・生き方に共感している意見が多く寄せられました。

参考にしている、憧れている著名人



調査概要

※20代~60代の女性生活者1000人に、「好きな家事」「嫌いな家事」「得意な家事」の実態調査

【調査期間】2012年1月24日~2月2日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国の20代~60代の女性生活者 1,000人

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

2020年の冬ギフト調査。あなたは「誰」に「何」を贈りますか?

2020-12-25

2020年の冬ギフト消費はどうなるか調査を実施した。コロナにより働き方やライフスタイルに大きな変化があったが、2020年の冬ギフト消費は変わらず活発のようだ。

2020年の女性消費者ニーズは「防疫消費」「家中充実消費」「応援消費」!コロナ長期化で2021年も需要拡大

2020-12-21

with コロナの2020年を振り返り、買ってよかった商品・今後買いたい商品などについて、20歳以上の女性消費者を対象にアンケート調査を行った。すると、2020年の女性消費者たちの消費行動は、”防疫消費”や”家中充実消費”、”応援消費”に注目や関心が集まっていることが分かった。