catch-img

肉食系 VS 草食系。女性が本当に好む理想の男性像は?

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、理想の男性像ついて、20代~60 代の女性生活者 1,000人にアンケート調査を実施しました。

目次[非表示]

  1. 1.肉食系:31.6%、草食系:29.6%とほぼ同率 理想の男性とは?
  2. 2.理想の○○系男子 詳細
  3. 3.調査概要


肉食系 VS 草食系。
女性が本当に好む理想の男性像は?
女性1000人に○○系男子について調査


肉食系と草食系。

男性を2 つのカテゴリーに分けて表現するようになって久しいが女性は実際どちらの男性が好みなのでしょうか?


肉食系:31.6%、草食系:29.6%とほぼ同率 理想の男性とは?


どちらでも好みではないと答えた女性は4 割近くになりました。

では女性はどんな○○系男子を理想としているのでしょうか?

どんな○○系男子を理想


1 位は「癒し系」、2位は「さわやか系」
3 位は肉食と草食を兼ね備えた「雑食系」がランクイン。


理想の○○系男子 詳細

理想の○○系男子 詳細


調査概要


※20代~60 代の女性生活者1000 人に、理想とする男性像についての調査

【調査期間】2012年6月6日~6月9日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国の20代~60 代の女性生活者 1,000人


補足:回答方法
理想とする◯◯系男子を名称と理由を自由記述で回答

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

東京オリンピックに関する女性蔑視の発言について調査データ公開!7割が「とても問題だと思う」と回答。

2021-02-12

先日の森会長による「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」など女性蔑視と取れる発言。東京五輪組織委員会の会長による発言は国内外で波紋が広がっている。 女性蔑視が根強く残る日本の社会問題について、女性のリアルな声を集めた。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、ライフスタイルの変化を感じている人は83.1%

2020-05-08

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が生活者にどのような影響を及ぼしているのかをハー・ストーリィ会員の皆様500人にアンケート調査を実施しました。

女性の購買決定権調査 家庭内の購買において、女性の影響力は89.8%(2019年)

2019-08-01

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、世帯で購入する49品目について、家庭内の誰の意見で購買決定するかを全国既婚女性500人にアンケート調査を行いました。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!