catch-img

女性生活者1,000人が選ぶ「今、気になる企業2012」

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、今気になる企業ついてハー・ストーリィ会員の皆様20代~60代の女性1,000人にアンケート調査を実施しました。

目次[非表示]

  1. 1. 女性1000人の「今、気になる企業」調査結果トピックス
    1. 1.1.1.良い印象で気になる企業
    2. 1.2.2.悪い印象で気になる企業
  2. 2. 『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と印象度の内訳
  3. 3.『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(1位~8位)
  4. 4.『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(9位~16位)
  5. 5.『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(18位~)
  6. 6.調査概要


東日本大震災から3か月後~6か月後、
そして1年後の調査データから見る
生活者の気になる企業とは?



今回、そして過去2回実施した同調査すべてにおいて、1位は、東日本大震災から1年以上が経過した今でも、ニュースや新聞での報道が繰り返されている東京電力となりました。
一方、震災以前から、地域貢献、自然保護に積極的に取り組んでいる企業は、女性生活者に「良い印象」で支持され、上位にならんでいます。


 女性1000人の「今、気になる企業」調査結果トピックス

1.良い印象で気になる企業

1位は、トヨタ。2位は、サントリー。3位は、ファーストリテイリング。


震災以前から継続的に、地域貢献、自然保護に積極的に取り組み、生活者に伝えている企業が上位にならんびました。


2.悪い印象で気になる企業

1位は、東京電力。2位は、関西電力。3位は、ソニー。


震災以後の企業対応、業績など、日々ニュース、新聞で報道される企業が上位にならんびました。


 『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と印象度の内訳

『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と印象度の内訳

※ 回答方法:
今、気になる企業名とその理由を最大3社を自由記述回答、及び、その気になる印象度を4段階で単数選択で回答


『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(1位~8位)

『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(1位~8位)


『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(9位~16位)

■『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(9位~16位)


『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(18位~)

『2012年5月 あなたが今、気になる企業』上位20社の順位と気になる理由(18位~)


調査概要

【調査期間】 2012年5月21日~6月7日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国1,000名 20代~60代 女性

株式会社HERSTORY 会員

補足 回答方法
今、気になる企業名とその理由を最大3社を自由記述回答、及び、その気になる印象度を4段階で単数選択で回答


日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

防疫意識は新マナーとして生活に定着!緊急事態宣言後のクラスタ別にみられた生活意識の違いとは?

2020-10-15

緊急事態宣言後のコロナ生活の変化について全国男女245名にインターネット調査を行いました。調査結果から、クラスタ別に生活意識の違いが見られました。

withコロナの秋、予定を入れていない女性シニアが「6割以上」。人とのつながりを大切にする消費に今後注目!

2020-08-28

秋の消費リーダーである50歳以上の女性シニア層を対象に、秋の予定や過ごし方についてアンケート調査を実施しました。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!