catch-img

2012年、主婦が選んだ流行語 第1位は?

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、「2012 年もっとも気になった流行語」についてハー・ストーリィ会員の皆様20代~60代の女性1065人にアンケート調査を実施しました。


主婦1000人が選ぶ2012年の「流行語」大発表!
1位は子どもに大人気!みんながマネした「ワイルドだろぉ?」


主婦1065人が選んだ、今年もっとも気になった流行語は 2012年ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされている お笑いタレントのスギちゃんでおなじみの「ワイルドだろぉ?」が第1位。


続いて、ノーベル生理学・医学賞の山中教授の「iPS 細胞」となった。



■2012年、あなた自身が今年もっとも気になった流行語(女性1065 人)


あなた自身が今年もっとも気になった流行語


調査概要

【調査期間】 2012 年 11 月 16 日~11 月 23 日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国1065名 20代~60代 既婚女性

株式会社HERSTORY 会員

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

女性たちの本音!最新アジアンコスメのイメージ調査

2021-09-17

近年トレンドとなっているアジアンコスメについて、 女性消費者は実際にどんな印象を持っているのか、アンケートを実施。

30代以下では9割がアジアに興味あり!いまは韓流だけではない 広がるアジアブーム

2021-09-10

30代以下の女性たちの間では、韓国を中心としたアジアの国に注目が集まっている。食・美容・ファッション・エンタメなどは、いまや国を越えた広がりをみせる。国内企業もボーダーレスな取り組みが必要となる時代がやってきた。

無駄な買い物はしない約8割!ソーシャルネイティブ Z世代の堅実消費

2021-08-10

流行よりも自分の好みを大切にし、社会貢献につながるものを選ぶ。オンラインショップは積極的に利用するが、実店舗でも商品確認をしたい。そんなZ世代特有の消費行動に注目した。