catch-img

【携帯電話・スマートフォン利用状況調査】動き出した スマホ女子元年!

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、携帯電話・スマートフォンについてハー・ストーリィ会員の皆様20代~40代の女性507人にアンケート調査を実施しました。


目次[非表示]

  1. 1.スマートフォンを利用している女性は、43.2%
  2. 2.スマートフォンに乗り換えた理由は、家族や友人に周囲で使っている人が増え、勧められた為
  3. 3.現在スマートフォンの購入を検討していますか?
  4. 4.スマートフォンを検討している理由は?
  5. 5.スマートフォンを購入する時に重視するポイントは?
  6. 6.スマートフォンにするならどの端末が良い?
  7. 7.スマートフォンを使っていなくて困った事はありますか?
  8. 8.スマホデビューしたいと思いますか?
  9. 9.調査概要


携帯電話・スマートフォン利用状況調査


動き出した スマホ女子元年!

2012年から2013年の1年間でスマホ女子が23%増

スマホ購入検討者の6割がiPhoneを検討中。

内、キャリア継続意向が8割


昨年9月(2012年9月)に実施した携帯電話・スマートフォン利用状況調査では、80%もの女性がスマートフォンを利用しておらず、スマートフォンを利用していない女性を、”マダガラ女子”と名付け、スマートフォンへの意識を分析した。当時、マダガラ女子の半数以上がスマートフォンデビューしたい意向を持っていたが、そこから1年経過した現在の20代~40代の女性のスマートフォン利用状況、意識変化を改めて調査した。


調査結果のトピックス


スマートフォンを利用している女性は、43.2%


スマートフォンを利用している女性は、43.2%


20代~40代の女性507名へインターネット調査を行い、現在使用している携帯電話について聞いたところ、43.2%の女性がスマートフォンを利用している結果であった。

昨年9月実施の調査結果では、スマートフォン利用者が20%であったので、この1年で23%増加した。


スマートフォンに乗り換えた理由は、家族や友人に周囲で使っている人が増え、勧められた為


スマートフォンに乗り換えた理由は、家族や友人に周囲で使っている人が増え、勧められた為


スマートフォンに乗り換えた理由は、「家族、友人など周囲で使っている人が増えた。周囲に勧められて:45.7%」、「インターネットを楽しみたい:30.6%」、「画面が大きく見やすそう:20.1%」、「アプリが楽しそう:19.2%」とスマートフォンでインターネットやアプリを楽しんでいる家族や友人の影響があると考えられる。


現在スマートフォンの購入を検討していますか?


現在スマートフォンの購入を検討していますか?


現在、スマートフォンの購入(追加/乗り換え含む)を検討している割合は、31.4%であった。現在スマートフォン使用者、スマートフォンでない携帯電話使用別でもそれぞれ3割が検討している結果となった。


スマートフォンを検討している理由は?


スマートフォンを検討している理由は?


スマートフォンの購入を検討している理由は、「家族、友人など周囲で使っている人が増えた。周囲に勧められて:28.9%」、「現在使用している携帯電話(スマホ)が古くなった:25.8%」、「新しいアイフォンが発売される:21.4%」となり、今月発売予定の新しいiPhone5c、iPhone5sにも影響されている事が分かる。


スマートフォンを購入する時に重視するポイントは?


スマートフォンを購入する時に重視するポイントは?


スマートフォンを購入する時、重視するポイントは、「料金の安さ/割引キャンペーンの充実度:72.0%」、「電話やメール・インターネットのつながりやすさ:42.0%」、「操作のわかりやすさ:37.7%」となり、費用が最優先である事が分かる。


スマートフォンにするならどの端末が良い?


スマートフォンにするならどの端末が良い?


現在、スマートフォンの購入を検討している女性の63.5%がアイフォンを検討していると回答し、購入した場合のカラーは、「ホワイト:28.75%」、「どの色でも良い:16.8%」、「スペースグレイ:14.9%」となった。また、キャリアに関しては、「docomo:37.6%」、「au:28.7%」、「ソフトバンク:33.7%」となり、8割が、現在契約中のキャリアで検討していた。


スマートフォンを使っていなくて困った事はありますか?


スマートフォンを使っていなくて困った事はありますか?


スマートフォンを使っていない女性の56.9%が、スマートフォンを使っていなくても困った事がない。困った事は、機能、性能よりも、「話題についていけない:19.4%」が最も多かった。


スマホデビューしたいと思いますか?


スマホデビューしたいと思いますか?


現在スマートフォンを利用していない女性の内、スマートフォンデビューしたいと思っている割合は、54.5%。45.5%の女性が当分そのつもりがないと回答した。スマートフォンデビューしなくても良い理由としては、「調べ物は自宅のパソコンでできるし、携帯電話に求めていることは通話とメール程度なので、携帯電話にお金をかけたくはない。月額料金が、現在の携帯電話レベルの料金になるなら考えたい。(40代)」、「ケータイはキャリアメールと電話しかしないので、使い勝手と料金的にガラケーが最高。ネットは家でやるし、タブレットも持っているので、スマホが無くても困らない。(20代)」など、機能は、キャリアメールと通話のみ、インターネットは、自宅のパソコンで十分との理由が多く挙がった。


調査概要

※20代~40代の女性生活者507人を対象に携帯電話・スマートフォン意識調査

【調査期間】 2013年9月12日~9月14日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国507名 20代~40代 女性 株式会社HERSTORY 会員


日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

2020年11月の消費動向は「脱コロナ奮起 塗りかえ消費」に注目!

2020年度の消費を動かす”女性ペルソナ像”とは

2020年のペルソナ別トレンド情報を掴むなら

ぜひお気軽にお問合せください

あなたのビジネスにも女性視点マーケティング®を

サービス紹介資料ダウンロード
サービスに関するお問い合わせ
オンライン相談窓口はこちら