catch-img

女性1000人に聞きました!韓国ドラマに関する意識調査

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、韓国ドラマについて女性生活者の皆様1,001人にインターネット調査を実施しました。

目次[非表示]

  1. 1.普段、韓国ドラマを見ますか?
  2. 2.韓国ドラマを見たきっかけは?
  3. 3.韓国ドラマは好きですか?
  4. 4.好きな韓国ドラマに共通してよくあるストーリーは?
  5. 5.韓国ドラマが嫌い・見ない理由は?
  6. 6.調査概要

韓国ドラマは好き25.3%/嫌いは28.1%
ハマるもハマらないも、王道の格差恋愛のストーリー展開にあり

「冬のソナタ」の放送によって韓国ドラマブームから10年が経過した現在、多くの韓国文化が日本に広まった。最近ではK-POPアイドルが日本のメディアに出演し賑わせている。そもそもの韓国ブームの火付け役ともなった『韓国ドラマ』人気は未だ健在なのだろうか。20代以上の女性はどのような韓国ドラマを見て、どのようなところに魅力を感じているのかを調査した。

韓国 韓流 ドラマ アンケート 結果

普段、韓国ドラマを見ますか?

韓国ドラマを見ていますか

普段、韓国ドラマを見ている人は、23.4%。内訳は、よく見ている人は、9.8%。時々見ている人は、13.6%となった。また、以前は、見ていたが今は見ていない人が、26.9%となり、現在、韓国ドラマを見ていない人は、64.1%になった。

今までに、見た韓国ドラマの本数は、1~5本程度が、36.1%で最も多く、最も本数の多い50本以上見た人は、5%存在した。


韓国ドラマを見たきっかけは?

※韓国ドラマを見た事がある人のみ。(複数回答)

韓国ドラマを見始めたきっかけ

韓国ドラマを見た事がある人の見始めたきっかけは、「テレビでよく放送されていた為」が、最も多く、38.8%。次いで、「冬のソナタブームが、29.7%、家族、友人からのススメが29.4%となり、5年以上前から見ている人が30.9%となった。


韓国ドラマは好きですか?

韓国ドラマは好きですか?


韓国ドラマがとても好き、好きと回答した人は、25.3%。あまり好きではない、嫌いと回答した人は、28.1%となった。


好きな韓国ドラマに共通してよくあるストーリーは?

※韓国ドラマが好きな人のみ。(複数回答)

韓国ドラマに共通してよくあるストーリーで好きな展開

韓国ドラマが好きな人の83.3%は、韓国ドラマには、共通してよくあるストーリー展開が魅力であると回答し、好きな韓国ドラマに共通してよくあるストーリー展開は、「出生に秘密がある」が43.3%で最も多く、次いで、「格差恋愛(貧富の差)結末はハッピーエンド」が43.3%、「イケメン2人と三角関係」が33.3%と続いた。現実ではなかなか起こることのない家族関係、恋愛関係にハマっている事が分かる。


韓国ドラマが嫌い・見ない理由は?

※韓国ドラマが嫌い・見ない人のみ。(複数回答)

韓国ドラマが嫌い・見ない理由

韓国ドラマが嫌い、好きではない理由は、「ストーリー展開がありきたり」が38.1%で最も多く、次いで、「演技やセリフが古い」が31.2%、「日本のドラマが好き」が21.5%となった。韓国ドラマが好きな人とは対照的に、ストーリー展開に魅力を感じていない事が分かる。


調査概要

※20代~60代の女性生活者1001人を対象に韓国ドラマに関する意識調査

【調査期間】 2013年10月7日~10月9日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国の20代~60代の女性生活者 1,001人


<本件に関する問い合わせ>

monitor@herstory.co.jp までお問い合わせください。

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

HERSTORY REVIEW 女性消費者7つのWithコロナ様式 無料ダウンロード(全21ページ)

女性たちがこの後とる「新しい生活様式」とは具体的に何なのか女性動向をレポートにまとめました!無料でダウンロードいただけますので、ぜひご一読ください。

女性消費者動向を掴む最新トレンドセット

2020年10月女性消費者キーワード 「緩みを整える支度消費」

コロナ対策に追われたこの半年。その影には、激変する社会と消費者ニーズにいち早く応える最前線バイヤーたちの活躍があります。そんな先手を読みコロナ社会を支えてきたバイヤーを取材しました!

そして、2020年10月の女性消費者の動きは「緩みを整える支度消費」へ。長引くコロナ生活で緩んだ気持ちや身体を整え、暮らしを元の生活に戻そうとする動きに注目です。ぜひご覧ください。

▼本商品は以下3点をセットでお届けします

 1.HERSTORY REVIEW vol.39(PDF)
 2.女性消費者動向セミナー(動画配信)
 3.女性消費者調査データ(PDF)

トレンドセット 5,000円(税込)

ぜひお気軽にお問合せください

あなたのビジネスにも女性視点マーケティング®を

サービス紹介資料ダウンロード
サービスに関するお問い合わせ
オンライン相談窓口はこちら