catch-img

女性1200人が選んだ2013 年『クチコミ大賞』

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、「あなたがクチコミしたクチコミ大賞」としてハー・ストーリィ会員の皆様20代~60代の女性1,200人にアンケート調査を実施しました。


大ヒットドラマが生まれた2013年

クチコミの2トップは『半沢直樹』『あまちゃん』


2013年は大ヒットドラマで、流行語大賞にもなった『半沢直樹』『あまちゃん』が上位2位にランクインした。3位は『ふなっしー』、4位は昨年から昨年から一部で話題となっていた『進撃の巨人』とエンタメ関係が上位を占めた。“商品・モノよりも話題”がクチコミされた1年だった。


調査概要

※20代~60代の主婦1,200人を対象に「あなたがクチコミしたクチコミ大賞」調査

【調査期間】 2013年12月11日~12月15日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国の20代~60代の主婦 1,200人 株式会社HERSTORY 会員


日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

私仕様が欲しい!パーソナライズ消費

2021-07-26

自分の好みや体質に合わせた商品を提案してくれる診断やアンケートの利用を調査。それにより、自分に合った商品・サービスへのニーズと背景が見えてきた。

フェムテックが大ブーム!コロナ禍で顕在化した女性の不調とウェルネス

2021-04-26

働く女性の増加、共働きの増加、核家族、個世帯による孤立や不安の増幅。追い打ちをかけてコロナに。 他人との交流も減り、ストレス、うつなど女性の体不調は今、ピークにきている。 女性の体に関わるヘルス、ウェルネス、フェムテック(femtech)などのキーワードは、2021年に突入して、一気に大きくなっている。

コロナ禍で激変したライフスタイルから見えてきた女性たちの「世代別価値観ギャップ」

2021-03-17

女性を取り巻く環境は、大きく変わってきたが、この一年は新型コロナによってさらに拍車がかかった。 2021年から先を見据えたときに、「女性消費者像の再設定」が必要だろう。今回は世代別に調査を行い、女性の価値観に対する意識の差を調べてみた。