catch-img

女性991人が選んだ2014年買って良かったモノ

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、2014年「今年買って良かったもの」についてハー・ストーリィ会員の皆様20代~50代の女性991人にアンケート調査を実施しました。


2014年 女性が選ぶ「今年、買って良かったモノ」
 人気の秘訣は、手軽に、楽に。
 手軽に癒しの[コンビニコーヒー]
楽にダイエット、健康も気遣える[伊右衛門 特茶]


20代~50代の女性991人に「今年購入したモノ」「購入して良かったモノ」を聞いたところ、
全世代で1位が[コンビニコーヒー]2位[伊右衛門 特茶(サントリー)]という結果だった。


3位は年代ごとに回答が分かれ、20代[LINEスタンプ<課金>]、30代[ユーグレナ(ミドリムシ)入り食品]、40代[サイクロン式掃除機]、50代[NISA投資]となった。

今年は、手軽に入手でき、さらに満足できる商品が選ばれた。コンビニコーヒーは24時間手軽に本格的なコーヒー飲めることや、コンビニのイートインコーナーが増えカフェ代わりとして利用できることで人気を得た。伊右衛門特茶は、苦いイメージだった従来の健康茶の概念を覆し、おいしく、楽にダイエットできるとして多くの支持を得た。ユーグレナも健康を気遣う30代の女性に選ばれた。



連絡手段やコミュニケーションツールのLINEは利用するスタンプが20代30代に支持された。言葉を使わずにスタンプだけでコミュニケーションをとる機能の手軽さが選ばれた理由だろう。


また、サイクロン掃除機は手入れのしやすさや性能が上がったことが理由として挙げられた。NISAについては少額で投資でき、株主優待を楽しみにしているというコメントがあった。
手軽で楽に手に入れられることや、使いやすくちょっとの癒しが仕事や家事に追われる現代女性に求められていることなのだろう。



2014年今年買って良かったモノ


2014年今年買って良かったモノ上位3位


今年購入したモノ


調査概要


※20代~50代の女性991人を対象に2014年「今年買って良かったモノ」を調査。

【調査期間】  2014年11月14日~2014年12月01日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国の20代~50代の主婦 991人


関連記事

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

2020年の冬ギフト調査。あなたは「誰」に「何」を贈りますか?

2020-12-25

2020年の冬ギフト消費はどうなるか調査を実施した。コロナにより働き方やライフスタイルに大きな変化があったが、2020年の冬ギフト消費は変わらず活発のようだ。

2020年の女性消費者ニーズは「防疫消費」「家中充実消費」「応援消費」!コロナ長期化で2021年も需要拡大

2020-12-21

with コロナの2020年を振り返り、買ってよかった商品・今後買いたい商品などについて、20歳以上の女性消費者を対象にアンケート調査を行った。すると、2020年の女性消費者たちの消費行動は、”防疫消費”や”家中充実消費”、”応援消費”に注目や関心が集まっていることが分かった。