catch-img

子どもの人数、36 年連続減。1954 年のほぼ半分

14 歳以下1571 万人、総人口比12.4%


子どもの数の減少が止まらない。総務省は5 月4日、「こどもの日」を前に子どもの人数を推計した。


14 歳以下の人口は、1571 万人と前年より17 万人減り、36 年連続で減少。過去最少になった。
総人口に占める割合も12.4%。43 年連続の低下で過去最低を更新。
都道府県別(2016 年10 月1日時点)では東京の1万2千人増が唯一の増加だ。


子どもの人数は、ピークだった1954 年の2989 万人からほぼ半減している。
さらに4月1日時点の子どもの人口を3歳ごとに区切ってみると、12 ~ 14 歳(335 万人)から0~2歳(294 万人)に至るまで段階的に減っている。他国と比較をしてみても日本がいかに子ども比率が低いかわかる。


少子化の要因は、先進国病ともいわれる。経済発展し、高学歴化した社会は、晩婚化、高齢出産が多くなり、比例して子どもが少なくなる。そうではない国は子どもの数が多くなり、寿命は短いという傾向がある。


日本は、さらに個人の価値観の変化などによって未婚化・晩婚化は確実に進んでいる。
急速に「女性活躍」を推進してきたが、同時に子育てについての解決はいまだ追いつきそうにない。
2030 年には、平均年齢50 歳超の大人社会になる。


子どもの人口推移


HERSTORY REVIEW 2017年7月号 今月の気になる記事・データ

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

育児休業の取得率、女性は83.2%、男性は5.14%

2018-08-01

2018 年5 月30 日に発表された厚生労働省「2017 年度雇用均等基本調査」によると、育児休業取得者の割合は、女性は83.2%(対前年度比1.4%上昇)、男性は5.14%(対前年度比1.98%上昇)であった。

夫婦の家事・育児関連時間の格差は、約5.5倍(2016年比)

2018-06-01

総務省「平成 28 年社会生活基本調査」によると、夫婦の家事・育児関連時間の格差は、約5.5倍であることがわかりました。

出産後も仕事を継続した方が良い、5 割超

2017-11-01

2016 年に内閣府が発表した男女共同参画社会に関する世論調査結果によると、女性が職業を持つことについて「子どもができてもずっと職業を続ける方がよい」と考える男女が5 割を超える結果となり、大きなニュースになった。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!

2022年トレンドセミナー
無料開催!申込受付中

女性消費者像を徹底解説!
『女性ペルソナ年鑑2022』

女性トレンドレポート
最新情報

記事カテゴリ

ランキング記事

最新記事