catch-img

男女間の賃金格差は、縮小傾向。但し、男性の7 割程度

賃金格差は縮小。女性管理職比率は上昇。いずれも、ゆるやかに


男女の所定内給与額の格差は、長期的に見ると縮小傾向である。
2016 年の男性一般労働者の給与水準を100 としたときの女性一般労働者の給与水準は73.0。
前年に比べ0.8 ポイント縮小している。
なお、一般労働者のうち、正社員・正職員の男女の所定内給与額をみると、
男性の給与水準を100としたときの女性の給与水準は75.1 であった。


次に、上場企業の役員に占める女性の割合は、長期的に上昇傾向である。
2016 年は3.4%と前年に比べて0.6 ポイント上昇した。


管理的職業従事者※に占める女性の割合は、2016 年は13.0%であった。
就業者全体に女性が占める割合は43.5%で欧米諸国と大きく変わらない。
しかし、管理的職業従事者は、諸外国と比べて低い水準となっている。


女性活躍への理解は、急速ではなく、ゆるやかに浸透しつつあるといえる。


※「管理的職業従事者」とは、就業者のうち、会社役員、企業の課長相当以上、管理的公務員などをいう。


男女間所定内給与格差の推移

HERSTORY REVIEW 2017年12月号 今月の気になる記事・データ

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

東京オリンピックに関する女性蔑視の発言について調査データ公開!7割が「とても問題だと思う」と回答。

2021-02-12

先日の森会長による「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」など女性蔑視と取れる発言。東京五輪組織委員会の会長による発言は国内外で波紋が広がっている。 女性蔑視が根強く残る日本の社会問題について、女性のリアルな声を集めた。

女性の就業率、初の7割。女性労働人口は2962万人に

2018-12-01

2018年8月に総務省が発表した労働力調査に基づく分析を説明します。

夫婦共働き世帯の割合が、最も高いのは福井県(60.0%)

2018-10-01

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、2017年就業構造基本調査をもとに分析を行いました。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!