catch-img

おせちについてのアンケート

女性マーケティングの株式会社ハー・ストーリィ(東京都港区、代表取締役:日野佳恵子)は、おせち料理についてハー・ストーリィ会員の皆様20代~60代の女性200人にアンケート調査を実施しました。


目次[非表示]

  1. 1.約8割がおせち料理を食べています
  2. 2.食べた場所は自宅が7割強
  3. 3.「自分が購入した」という回答が60%弱
  4. 4.黒豆、栗きんとん、数の子が人気 BEST3
  5. 5.おせち料理にいわれがあることを知っている人が約8割
  6. 6.調査概要


日本の伝統を伝えるおせち料理。

年末の今、おせち料理についてインターネット調査を行いました。


日本の伝統おせち料理



約8割がおせち料理を食べています

【問 2017年の年始におせち料理をたべましたか?】単一回答

2017年の年始におせち料理をたべましたか?

おせちを食べたと回答したのは80.3%,、食べなかったと回答したのは19.8%.、約8割がおせち料理を食べています。

おせちを食べなかった人の理由は、好きではない、喪中、飽きた、一人暮らしなので、などが挙がっています。


食べた場所は自宅が7割強

【問 おせちを食べた場所をお答えください(複数回答)】

せちを食べた場所をお答えください

「自宅」の回答者が約76%,自分の実家、夫の実家と続きます。



「自分が購入した」という回答が60%弱

【問 おせちの購入についてあてはまるものをすべてお答えください。】複数回答

おせちの購入についてあてはまるものをすべてお答えください

自分が買った、という回答が57%,次いで手作り53%親が買った24%と続きます。

その他の内容は

  • ホテル、旅館で食べた
  • 義姉の手作り
  • 夫が買った
  • 貰ったり出来合いのものを買って少し足した

となっています。


黒豆、栗きんとん、数の子が人気 BEST3

【問 あなたが好きなおせち料理をお答えください】複数回答

あなたが好きなおせち料理をお答えください


主なおせち料理を人気順に並べました。

黒豆が人気一位、きんとん、数の子、伊達巻が続いています。


その他内容として、

  • 手作りの肉巻きやサーモンなど、オリジナルメニュー
  • 煮しめ、雑煮
  • 蟹、しんじょう、八幡巻き
  • ローストビーフ
  • しいたけの甘煮、くわい

などが挙がっています。


おせち料理にいわれがあることを知っている人が約8割

【問 おせち料理それぞれにいわれがあることを知っていますか?】単数回答

おせち料理それぞれにいわれがあることを知っていますか?


知っている、と回答したのが80%、約20%が知らないと回答しています。


おせち料理のいわれについて聞いた結果は下記のとおりです。

黒豆

黒豆は「まめに過ごすように」と健康を願っているといわれています。

おせち料理のいわれについて聞いた結果は下記のとおりです。

栗きんとんは黄色が金を連想することから金運アップを願っているといわれています。

数の子は子孫繁栄を願っている

数の子は子孫繁栄を願っているといわれています。

紅白かまぼこ

紅白かまぼこは初日の出を意味しているといわれています

田作り

田作りは健康、子孫繁栄、五穀豊穣を願っているといわれています。


一年の願いを込めた開運フードともいわれるおせち料理。

「開運フードなんて迷信」という意見もありますが、新しい年がよい年であることを願う風習は伝えていきたいですね。


調査概要

【調査期間】 2017年 11月20日~11月30日

【調査方法】 インターネット調査

【調査対象】 全国200名 20代~60代 女性


日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

女性たちの本音!最新アジアンコスメのイメージ調査

2021-09-17

近年トレンドとなっているアジアンコスメについて、 女性消費者は実際にどんな印象を持っているのか、アンケートを実施。

30代以下では9割がアジアに興味あり!いまは韓流だけではない 広がるアジアブーム

2021-09-10

30代以下の女性たちの間では、韓国を中心としたアジアの国に注目が集まっている。食・美容・ファッション・エンタメなどは、いまや国を越えた広がりをみせる。国内企業もボーダーレスな取り組みが必要となる時代がやってきた。

無駄な買い物はしない約8割!ソーシャルネイティブ Z世代の堅実消費

2021-08-10

流行よりも自分の好みを大切にし、社会貢献につながるものを選ぶ。オンラインショップは積極的に利用するが、実店舗でも商品確認をしたい。そんなZ世代特有の消費行動に注目した。

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

女性消費者の声からビジネス課題を解決!
調査データを一部無料で公開中!