catch-img

1 世帯当たり平均総所得は545.8万円と増加傾向をみせる

2017 年度版の厚生労働白書によると、全世帯形態の 1世帯当たり平均総所得金額は、
1994 年の664.2 万円をピークに減少傾向が続いていたが、2013年の 528.9万円を底に、
2014 年には 541.9 万円、2015 年には 545.8万円と 2 年連続の増加となっている。

1 世帯当たり平均総所得金額の動向は、世帯類型により様相が異なっている。

子どものいる世帯は、1996 年の 781.6 万円をピークに2000 年代初頭まで減少傾向が続いていた。その後はほぼ横ばいであったが、2013 年からは増加傾向となり、2015年には 707.8 万円となっている。

次に、高齢者世帯をみると、2015年には 308.4 万円となっている。
高齢者世帯の 1 世帯当たり平均総所得金額は全世帯の 1 世帯当たり平均総所得金額のおおむね
5 ~ 6 割程度の水準で推移している。

全世帯の1 世帯当たり平均総所得金額の背景には、現役世帯よりも平均総所得金額の低い高齢者世帯割合の急激な増加が影響しているようだ。


1世帯当たり平均所得金額の年次推移


HERSTORY REVIEW 2018年3月号 今月の気になる記事・データ:子育て世帯所得推移

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

「女性のヘルスケア」がマーケットに。体を知り、コントロールすることで100年人生を快適に働き、暮らす

2021-01-10

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 対馬ルリ子さんに、ヘルスケアを軸に社会を活性化させる方法などについて伺った。

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

防疫意識は新マナーとして生活に定着!緊急事態宣言後のクラスタ別にみられた生活意識の違いとは?

2020-10-15

緊急事態宣言後のコロナ生活の変化について全国男女245名にインターネット調査を行いました。調査結果から、クラスタ別に生活意識の違いが見られました。