catch-img

2人以上の世帯1ヶ月あたりの交際用購入は、8,879円

二人以上の世帯1ヶ月あたりの交際用購入(※)は、8,879円


統計局の調査によると、二人以上の世帯で交際用に購入した商品やサービスの1か月あたりの交際用購入の推移は、1997年(平成9年)が12,259円と最も多く、その後は減少する傾向にある。


2016年では8,879円と、1997年に比べて3,380円、27.6% も減少している。これは、人口の少子高齢化により贈り先となる子や孫、親類縁者の数が少なくなってきていることが一因と考えられるようだ。


次に、交際用購入全体に占める費目別の割合を見ると、教養娯楽、食料は上昇する傾向にある。

教養娯楽の内訳を見ると、宿泊代やパック旅行費の割合が上昇している。

これは、核家族化が進んだことで、同居していない子や親と旅行した際の費用を支払う世帯が多くなっているためではないかとみられている。

交際費は金額だけでなく、その中身も大きく変化しているようだ。


※「交際費」のうち、お祝い金など現金で世帯外の人に渡す支出を除いたもの。


交際用購入の支出金額


HERSTORY REVIEW 2018年9月号 今月の気になる記事・データ:ギフト消費

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

「女性のヘルスケア」がマーケットに。体を知り、コントロールすることで100年人生を快適に働き、暮らす

2021-01-10

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 対馬ルリ子さんに、ヘルスケアを軸に社会を活性化させる方法などについて伺った。

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

2020年の冬ギフト調査。あなたは「誰」に「何」を贈りますか?

2020-12-25

2020年の冬ギフト消費はどうなるか調査を実施した。コロナにより働き方やライフスタイルに大きな変化があったが、2020年の冬ギフト消費は変わらず活発のようだ。