catch-img

両親世帯に占める共働き世帯の割合が、6割超に

両親世帯に占める共働きの世帯の割合は、6割超になった。


共働き世帯(夫婦とも就業者の世帯)は、1997年に専業主婦世帯数を初めて上回り、2012年からの5年間で134万世帯増加。


2017年には約1188万世帯に達し、専業主婦の世帯数を大きく上回っている。(※図1)
そして、30代女性の労働力率が落ち込む「M字カーブ」はほぼ解消し、今後、女性の労働力率が上限に達すると予想されている。(※図2)


日本は人口減少により消費市場に縮小傾向にある中で、共働き世帯の増加は、国内の消費市場に大きな変化をもたらすことが期待されている。


共働き世帯と専業主婦世帯とでは、生活スタイルが大きく異なるため、女性マーケットの攻略には双方の消費行動の違いをつかむ必要がある。

共働き割合



HERSTORY REVIEW:2019年3月号 今月の気になるデータ:女性の働き方

日野佳恵子
日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

東京オリンピックに関する女性蔑視の発言について調査データ公開!7割が「とても問題だと思う」と回答。

2021-02-12

先日の森会長による「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」など女性蔑視と取れる発言。東京五輪組織委員会の会長による発言は国内外で波紋が広がっている。 女性蔑視が根強く残る日本の社会問題について、女性のリアルな声を集めた。

コロナ禍の暮らしを快適にするための新生活様式に注目!2021年の女性消費者たちの消費ニーズは?

2021-01-08

コロナ禍の影響によりリモートワーク、外出規制など、新しい生活様式を余儀なくされた2020年。そうした生活様式の中で新たに取り入れたことや、コロナ前後で感じた生活変化などについて全国の女性193人にアンケート調査を行った。

防疫意識は新マナーとして生活に定着!緊急事態宣言後のクラスタ別にみられた生活意識の違いとは?

2020-10-15

緊急事態宣言後のコロナ生活の変化について全国男女245名にインターネット調査を行いました。調査結果から、クラスタ別に生活意識の違いが見られました。