catch-img

【2022年ファッション部門】購入の重要なポイント1位は?約6割「自分の体形に合うか」

商品・サービス購入の基準とこれから買いたい物について女性たちにアンケートを行ったところ、約2年間続くwithコロナ生活で「健康」に意識が向いていることがわかった。
そして、いま女性たちが求めているものは「基礎力向上」と「癒やし」だ。

【本調査設問一覧はこちら

▼本調査データをまとめた女性トレンドレポート

  2022年2月新・購買決定基準『基礎力強化』で選択 2022年2月の女性消費者キーワードは「変わりゆく女性消費者たち新・購買決定基準『基礎力強化』で選択」。 約2年に及ぶwithコロナで起こった生活の変化。それにともなうこれからの購買基準について調査したところ、「基礎力向上」「癒やし」「安全」「SDGs」といったキーワードが。 見えてきたキーワードから女性たちのインサイトを解説しています。 株式会社ハー・ストーリィ


目次[非表示]

  1. 1.Q.「ファッション」 関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?当てはまるものを上位3つ選んでください。
  2. 2.Q.「ファッション」 関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと 検討している物・サービスを教えてください。
  3. 3.調査概要

Q.「ファッション」 関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?当てはまるものを上位3つ選んでください。

「自分の体形に合うか」が67.3%で1位、「自己充実できる、私らしいと思えるものか」が59.2%で2位という結果に。年代別に見た場合、10~20代は「自己充実できる、私らしいと思えるものか」が1位、30代以上は「自分の体形に合うか」1位となっている。また、2021年はパーソナルカラー診断や骨格スタイル分析が人気となり、自分の肌の色や体形にぴったりと合う洋服選びをする人が増えた。


Q.「ファッション」 関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと 検討している物・サービスを教えてください。

調査実施期間が11月下旬~12月上旬だったことを受けて、コートやヒートテック、ショートブーツなど冬物アイテムが回答を多数集めた。「ブランドバッグレンタルサービス」「服のサブスク」といった回答もあり、ファッションアイテムのレンタルサービスが定着をみせていることがわかる。また、「Amazonワードローブなどの試着できるサービス」を利用したいという声もあり、店頭へ行かずECサイトだけで購入する人も増加している。


調査概要

【調査期間】 2021年11月26日(金)~2021年12月5日(日)

【調査方法】 インターネット調査【調査対象】全国女性(15歳以上)346人

【お問い合わせ】https://herstory.co.jp/contact

【調査の主な質問項目】

  • Q1.「食材・食品」関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?
  • Q2.重要なポイントととして挙げた内容が判断基準となり、購入した「食材・食品」
  • 関連商品・サービスを教えてください。
  • Q3.「食材・食品」関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと検討している物・サービスを教えてください。
  • Q4.「健康・運動」に関する活動を行ううえで重要なポイントとなるのは何ですか?
  • Q5.重要なポイントととして挙げた内容が判断基準となり、購入した「健康・運動」関連商品・サービスや
  • 行ったことを教えてください。
  • Q6.「健康・運動」関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと検討している物・サービスを教えてください。
  • Q7.「住まい・暮らし」関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?
  • Q8.重要なポイントととして挙げた内容が判断基準となり、購入した「住まい・暮らし」
  • 関連商品・サービスを教えてください。
  • Q9.「住まい・暮らし」関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと検討している物・サービスを教えてください。
  • Q10.「美容」関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?
  • Q11.「美容」関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと検討している物・サービスを教えてください。
  • Q12.「ファッション」関連商品・サービスを購入するうえで重要なポイントとなるのは何ですか?
  • Q13.「ファッション」関連商品・サービスで、今後に向けて買おうと検討している物・サービスを教えてください。


▼本調査データをまとめた女性トレンドレポートはこちら

  女性消費者調査レポート 毎月定点で追い続けている女性消費者調査レポートが購入できます。 株式会社ハー・ストーリィ

▼本調査ローデータ(csv)をご希望の方はこちら

  購買行動の軸変化に関するアンケートローデータ 2021年12月実施/全国の15歳以上の女性にアンケート/購買行動の軸変化に関する設問が28問/再集計・独自分析ができる回答ローデータ 株式会社ハー・ストーリィ


日野佳恵子
日野佳恵子
株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。

関連記事

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫

記事内容やグラフデータなどの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<記載例>出典元:株式会社ハー・ストーリィ (https://herstory.co.jp/

分析レポートが無料で閲覧できる!
調査レポートをWEB無料公開中!
女性消費者の声からビジネス課題を解決!

2022年トレンドセミナー
無料開催!申込受付中

女性消費者像を徹底解説!
『女性ペルソナ年鑑2022』

女性トレンドレポート
最新情報

記事カテゴリ

ランキング記事

最新記事