catch-img

地球上でもっともサステナブルなホテル。まるでアナ雪の世界のような「Ice Hotel」

女性視点にはサステナビリティはこれから外せないテーマ。暮らしを通じて地球環境や社会に役立つ自分でありたいと思う女性たちの意識は年々上昇している。そうした視点をビジネスの現場に先行して取り入れている海外事例をよく知る安並氏に、現地レポートからヒントをいただきます。

目次[非表示]

  1. 1.建設資材は氷だけ。春には溶けて自然に返る、冬季限定ホテル
  2. 2.季節マーチャンダイジング(MD)を活用して変化を届ける地の利を生かした観光スタイル。どんな地域にも資源は存在する


建設資材は氷だけ。春には溶けて自然に返る、冬季限定ホテル

さて今回は、半年ほどの営業で予約も取りにくい、「Ice Hotel アイスホテル」をご紹介します。全て氷で作られ、暖かくなると溶けてしまう。世界中から観光客が訪れる、アナ雪のお城のようなホテルとは……。

大雪原にたたずむ幻想的なアイスホテル

スウェーデン最北の都市、キルナから少し離れた場所に、ユッカスヤルビという村があります。12月に入って寒さが増す頃、アイスホテルは、ユッカスヤルビを流れるトルネ川から切り出した約5000トンの氷だけで建設されます。建設資材は氷だけで、釘を打ったり、壁を塗ったりすることはありません。アイスホテルは12月から翌年4月ころまでオープン。予約を取るのもなかなか難しく、ほぼ満室の状態が続くそうです。

部屋ごとにデザインの異なる客室

この地方は、北欧のなかでもラップランドという地域で、冬場はマイナス30度にもなり、ほとんど太陽を見ることはありません。オーロラがよく見える村でもあり、雪と氷に閉ざされ、決して明るいイメージはありません。ユッカスヤルビの人口はたったの600人ほど。北方少数民族のサーミ人が多くを占めます。サーミ人は以前、差別の対象であり、「サーミの血」という映画にもなりました。そんな村に年間5万人ほど、人口の100倍ほどの観光客がやってきます。その中でもアイスホテルはシンボル的な観光名所で、雪原のなかに氷の建物が建っている。自然の厳しさの中に、巨大な芸術作品がドンと構えています。とても幻想的な風景です。


世界中から挙式希望者が訪れるチャペル


季節マーチャンダイジング(MD)を活用して変化を届ける地の利を生かした観光スタイル。どんな地域にも資源は存在する

アイスホテルの中は、約マイナス5℃。氷点下の部屋に寝泊まりするのです。もちろんトナカイの毛皮に包まって、防寒はしっかりと行います。部屋数は約50室、全ての部屋はコンセプトもデザインも異なります。資材は氷だけ、部屋数と同じ人数のデザイナーが、氷を削り組み立てていきます。それぞれが個性的で、すべての部屋に泊まってみたくなります。氷の教会もあり、結婚式も行われるとのこと。また「Ice Barアイスバー」も併設され、飲み物は氷のグラスでいただきます。敷地内にはサウナやショップもあり、要するに「氷でできた普通のホテル」なのです。

日帰り観光スポットとしても人気のアイスバー

氷製のアイスグラス。唇で感じる絶妙な冷たさ

このような北の果ての村に、その地ならではの特徴を生かした観光地を造り、地域経済の大きな支えになっています。何も無いように見えても、知恵と工夫で価値創造をすることは十分可能。さらに、自然が作り出す大量の氷という天然の素材を利用し、サステナブルな観光業を成立させていることに驚いてしまいます。このアイスホテルには、実は日本も関わりがあり、札幌雪祭りの雪の彫刻にヒントを得たともいわれています。

私が今一番懸念していることが地球温暖化。毎年北極圏の氷がどんどん溶け出している現実に、今後アイスホテルへの影響を懸念せずにはいられません。



▼本記事に関連する女性消費者動向レポート


  5大SNSを賢く使い分ける女性たち『リトフィ』は生活必需ツール|HESTORY REVIEW vol.43(2021年02月号) 2021年02月の女性消費者キーワードは「5大SNSを賢く使い分ける女性たち『LITFY-リトフィ』は生活必需ツール」。女性消費者たちのSNS利用状況を調査!女性たちは、5大SNSを目的別に賢く使い分けています。 株式会社ハー・ストーリィ


安並 潤
安並 潤

井関産業株式会社 代表取締役社長 容器包装資材の販売、セールスプロモーション事業などの展開を行う中で、サステナビリティを経営のベースとし、経営革新とイノベーションに取り組む。北欧スウェーデンを中心に、サステナブルな仕組み、モデル、商品開発、 行政、教育機関、都市計画をベンチマークし、自社の経営に取り入れる。

関連記事

おいしいチョコレートに潜む、児童労働という悲しい現実

2021-06-29

オランダが誇るサステナブルなチョコレートブランド「トニーズ・チョコロンリー」。カカオ産業を変え、奴隷的労働を撲滅し、児童労働をなくすことを掲げたフェアトレードチョコ。

バナナが教えてくれるサステナブルな食の在り方

2021-04-26

自らの健康を考えること、食品の背景に関心をもつことがSDGsへの取り組みの第一歩に。フェアトレード・バナナ

フェムテックが大ブーム!コロナ禍で顕在化した女性の不調とウェルネス

2021-04-26

働く女性の増加、共働きの増加、核家族、個世帯による孤立や不安の増幅。追い打ちをかけてコロナに。 他人との交流も減り、ストレス、うつなど女性の体不調は今、ピークにきている。 女性の体に関わるヘルス、ウェルネス、フェムテック(femtech)などのキーワードは、2021年に突入して、一気に大きくなっている。